2018.9.20 14:26

国学院大と駒大は引き分け、東洋大-亜大は中止/東都

国学院大と駒大は引き分け、東洋大-亜大は中止/東都

駒大2回戦に先発した国学院大・横山楓投手=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)

駒大2回戦に先発した国学院大・横山楓投手=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東都大学野球秋季リーグ戦第3週第2日は20日、東京・神宮球場で行われ、第1試合は、国学院大と駒大が3-3で引き分けとし、駒大の1勝1分けとなった。第2試合の東洋大-亜大2回戦は、悪天候が予想されたため中止となった。

 国学院大は、一回に4番・鎌仲純平外野手(3年)の中犠飛で先制し、五回には2番・工藤陽平外野手(4年)の右越え本塁打、さらに七回に工藤の適時打で3点目を挙げた。しかし、八回まで1安打無失点に抑えていた先発右腕・横山楓投手(3年)が九回につかまり、2本の安打と敵失などで3点を奪われ、引き分けた。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 国学院大と駒大は引き分け、東洋大-亜大は中止/東都