2018.9.19 15:15

亜大・中村稔、切れで勝負し14奪三振「まっすぐがよかった」/東都

亜大・中村稔、切れで勝負し14奪三振「まっすぐがよかった」/東都

東洋大1回戦に先発した亜大・中村稔(撮影・赤堀宏幸)

東洋大1回戦に先発した亜大・中村稔(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東都大学野球秋季リーグ第3週第1日(19日、東洋大2-5亜大、神宮)亜大の左腕、中村稔が東洋大打線を2点に封じる熱投で勝利へ導いた。毎回の14奪三振にも打たせる意識だったといい「球速が出るタイプじゃないので切れで勝負。まっすぐがよかった」と振り返った。

 一回は二つの四球を出したが動じなかった。「コースに決まったのがボールと言われただけ」と冷静に中軸から三振を奪い切り抜けた。スプリットも効果的に使って最後まで的を絞らせず「自分が投げた試合は最後まで行く」と自覚十分だった。

試合結果へ試合日程へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 亜大・中村稔、切れで勝負し14奪三振「まっすぐがよかった」/東都