2018.9.19 05:03(1/2ページ)

元阪神・マートン氏、タテジマ姿エール!虎が鳥谷が気になる

元阪神・マートン氏、タテジマ姿エール!虎が鳥谷が気になる

大阪北部地震の被害が大きかった大阪・茨木市内で野球教室を開いたマートン。盟友鳥谷にエールを送った(撮影・中島信生)

大阪北部地震の被害が大きかった大阪・茨木市内で野球教室を開いたマートン。盟友鳥谷にエールを送った(撮影・中島信生)【拡大】

 トリよ、ネバーギブアップ!! 2010年から6年間阪神でプレーし、現在米大リーグ、カブスの競技運営部門補佐を務めるマット・マートン氏(36)が18日、大阪北部地震と台風21号の被災地支援のため、大阪・茨木市内で野球教室を開催した。教室の後には、藤田平の球団最多2064安打まであと2本としている鳥谷敬内野手(37)に熱いエールを送った。

 野球教室が開催される茨木市内の公園のグラウンドにマートンがかつて身にまとっていたタテジマのユニホームを着て登場。久しぶりの背番号「9」の姿に見学に訪れた多くのファンが沸いた。

 野球教室の後、2062安打を放ち、藤田平の持つ球団最多2064安打まであと2本と迫っているかつての盟友・鳥谷について聞かれると、当時を回想しながら熱いエールを送った。

 「これまで彼がやってきた結果。6年間ずっと見てきましたけど、本当に他の誰よりも努力されていた。心から応援している」

 マートンは10年に阪神に入団。いきなりシーズン214安打を放ち、1994年にイチロー(オリックス)がマークしたシーズン210安打のプロ野球記録(当時。現在は西武・秋山の216安打)を塗り替えた。在籍した6年間で通算1020安打、打率・310と活躍した優良助っ人が当時の虎ナインの中で一番仲がよかったと話すのが鳥谷だ。

【続きを読む】

  • 2014年鳥谷(右)と並んでお立ち台に
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 元阪神・マートン氏、タテジマ姿エール!虎が鳥谷が気になる