2018.9.17 08:00

【小早川毅彦の打診球診】西武、一気呵成の攻撃も投手陣不安…

【小早川毅彦の打診球診】

西武、一気呵成の攻撃も投手陣不安…

1回、西武・山川が2ランホームラン=メットライフドーム(撮影・今野顕) 

1回、西武・山川が2ランホームラン=メットライフドーム(撮影・今野顕) 【拡大】

 (パ・リーグ、西武8-5ソフトバンク、20回戦、10勝10敗、16日、メットライフ)前日に続いて、西武打線の畳み掛ける強さが際立っていた。一回の山川の2ランは、大竹のカーブを狙い打った。打席では本塁ベースの近くに立ってみたり、考えながら打っている。

 一回表一死二塁のピンチで、中村晃の右中間への打球を右翼手の金子侑がダイビングキャッチしたのも大きい。その裏の4点で、先発の今井は楽になった。

 前日の郭俊麟(クォ・ジュンリン)、この日の今井と、経験や実績で分が悪い先発陣で連勝。3位・日本ハムはオリックスに連敗した。ただ、二回までに8点のリードを奪いながら快勝とはいかなかった。危機を脱した程度で、一息つくところまではいかない。

 ソフトバンクはアクシデントとはいえ、柳田の欠場が痛かった。代わりに4番に入ったグラシアルは一回二死三塁、九回無死満塁の好機に、いずれも空振り三振。まさに4番の差が出た。

 直接対決を5試合残して5・5ゲーム差。厳しくはなったが、西武も投手陣は万全ではないだけに、諦めるのはまだ早い。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 【小早川毅彦の打診球診】西武、一気呵成の攻撃も投手陣不安…