2018.9.16 18:04

【大暴れ一問一答】阪神・大山「同級生の晋太郎が先発…僕が助けたいと思っていた」

【大暴れ一問一答】

阪神・大山「同級生の晋太郎が先発…僕が助けたいと思っていた」

3回、阪神・大山が本塁打を放つ=横浜スタジアム(撮影・村本聡)

3回、阪神・大山が本塁打を放つ=横浜スタジアム(撮影・村本聡)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA4-20阪神、20回戦、阪神15勝5敗、16日、横浜)阪神は19安打20得点でDeNAに大勝し、最下位を脱出した。先発した藤浪晋太郎投手(24)が5回6安打4失点で、6月27日のDeNA戦(横浜)以来となる3勝目(3敗)。打線は三回に、3番の大山悠輔内野手(23)が2本塁打を放ち、藤浪にも満塁弾が飛び出すなど打者一巡の猛攻で9点を奪って試合を決めた。大山は3本塁打を含む6打数6安打7打点と大暴れ。ヒーローインタビューでは充実感を漂わせた。

 --一回の適時打

 「先制点はとても大事。同級生の晋太郎(藤浪)が先発だったし、なんとか僕が助けたいと思っていた」

 --三回には本塁打2本

 「手応えは良かった。もっと打てるようにがんばります」

 --3本目の本塁打でセ・リーグタイ記録の1試合6安打

 「良かったです。勝ったことが一番なのでまずはそこを喜びたい」

 --チームは苦しい連戦の中

 「この流れに乗ってあしたも勝てるようにがんばりたい。とにかく一戦一戦を勝つことだと思うので応援よろしくおねがいします」

試合結果へ

  • 3回、本塁打を放つ阪神・大山=横浜スタジアム(撮影・山田喜貴)
  • 1回、適時打を放つ阪神・大山=横浜スタジアム(撮影・山田喜貴)
  • 1回、阪神・大山が適時打を放つ=横浜スタジアム(撮影・村本聡)
  • 3回、2回目の打席で2点本塁打を放つ阪神・大山=横浜スタジアム(撮影・山田喜貴)
  • 8回、3点左本塁打を放つ阪神・大山=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【大暴れ一問一答】阪神・大山「同級生の晋太郎が先発…僕が助けたいと思っていた」