2018.9.16 21:46

【試合結果】巨人、連敗4でストップ 阿部慎之助が満塁弾&重信慎之介が4安打

【試合結果】

巨人、連敗4でストップ 阿部慎之助が満塁弾&重信慎之介が4安打

7回、満塁本塁打を放つ巨人・阿部=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)

7回、満塁本塁打を放つ巨人・阿部=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人11-3中日、24回戦、巨人16勝7敗1分、16日、東京D)3位の巨人は中日に打ち勝ち、連敗を4で止めた。七回に5番・阿部慎之助内野手(40)が右越え9号満塁弾を放つなど一挙5得点。八回にも3点を奪い、突き放した。先発の今村信貴投手(24)は5回0/3を9安打2失点で6勝目(2敗)。2番・重信慎之介外野手(25)は一回に同点ソロを放つなど4安打3打点と活躍した。

 先制したのは中日。一回二死一、二塁でアルモンテが左翼フェンス直撃の適時打を放った。巨人はその裏、重信が相手先発の吉見から右越えソロを放ち、同点に追いついた。巨人は五回、マギーが中前2点打を放ち、勝ち越した。中日は六回、無死一、二塁とし、高橋が中前適時打を放った。

 巨人は七回、二死から坂本勇が中前打、重信が右前打、マギーが四球で二死満塁とし、岡本が押し出し四球を選んだ。さらに阿部が右越え9号満塁本塁打を放ち、8-2とリードを広げた。巨人は八回に3点を加え、突き放した。

 投手陣は今村の後、アダメス 上原、畠、山口俊とつないだ。

巨人・マギーの話「(五回の適時打は前の打席の重信や坂本勇がいいお膳立てをしてくれたので、仕事ができてよかった」

試合結果へ

  • 7回、アルモンテをショートフライに仕留め、ガッツポーズの巨人・上原=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)
  • 3番手で登板した巨人・上原=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 7回、満塁本塁打を放った巨人・阿部=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 1回、巨人・重信が同点本塁打を放つ=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 8回、適時三塁打を放つ巨人・重信=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 【試合結果】巨人、連敗4でストップ 阿部慎之助が満塁弾&重信慎之介が4安打