2018.9.16 17:42

西武が3連勝で10年ぶりVへ前進! 17日に勝てばM11点灯

西武が3連勝で10年ぶりVへ前進! 17日に勝てばM11点灯

2回、左適時打を放つ西武・山川=メットライフドーム (撮影・山田俊介)

2回、左適時打を放つ西武・山川=メットライフドーム (撮影・山田俊介)【拡大】

 (パ・リーグ、西武8-5ソフトバンク、20回戦、10勝10敗、16日、メットライフ)10年ぶりのリーグ優勝を目指す首位・西武は2位・ソフトバンクに打ち勝ち、3連勝。ゲーム差を5・5に広げた。一回に4番・山川穂高内野手(26)の41号2ランなどで4点。二回にも4安打を集中させ4点を奪うなど序盤で大量リードを奪った。先発した今井達也投手(20)が5回2/3を7安打3失点で5勝目(4敗)を挙げた。この日、日本ハムがオリックスに敗れたため、西武は17日のソフトバンク戦に勝てば、優勝へのマジックナンバー11が点灯する。

 西武は一回、先頭の秋山がソフトバンクの先発、大竹の初球を捉え中前打で出塁すると、続く源田が中越え適時三塁打。わずか3球で先制した。続く浅村の中越え適時二塁打、山川の41号2ランが飛び出し、いきなり4点を奪った。

 二回にも打線の勢いは止まらず山川の適時打、中村の2点二塁打など8-0とした。

 先発の今井は六回途中まで3失点と力投。二死一、三塁とされたところで2番手・小川にスイッチし、無失点で切り抜けた。その後、八回にマーティンが1失点、九回にヒースが無死満塁とされたが、1失点で踏ん張り、逃げ切った。

 試合後、山川は「浅村さんがいいお手本。僕の前でいいバッティングをしてくれた。そうすると僕も続ける」と中軸を担う3番打者との相乗効果を強調した。2位ソフトバンクとの直接対決を制し、「マジックの仕組みがよくわからない。明日も勝てるように頑張ります」と前を向いた。

試合結果へ

  • 1回、本塁打を放つ西武・山川=メットライフドーム(撮影・山田俊介)
  • 2回、適時二塁打を放つ西武・源田=メットライフドーム(撮影・山田俊介)
  • 4回ソフトバンク・長谷川の打球を好捕する西武・秋山=メットライフドーム(撮影・山田俊介)
  • 2回、西武・中村が2点タイムリー二塁打=メットライフドーム(撮影・今野顕)
  • 1回、適時三塁打を打ち、ベンチに向かって敬礼する西武・源田=メットライフドーム(撮影・山田俊介)
  • 好投する先発の西武・今井=メットライフドーム(撮影・今野顕)
  • 1回、中適時二塁打を放つ西武・浅村=メットライフドーム(撮影・山田俊介)
  • 1回、適時三塁打を放つ西武・源田=メットライフドーム(撮影・山田俊介)
  • 1回、西武・浅村がタイムリー二塁打=メットライフドーム(撮影・今野顕)
  • 1回、2ランホームランの山川を迎える西武・辻監督=メットライフドーム(撮影・今野顕)
  • 1回、2点本塁打を放った西武・山川=メットライフドーム(撮影・今野顕)
  • 1回、西武・山川が2ランホームラン=メットライフドーム(撮影・今野顕)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武が3連勝で10年ぶりVへ前進! 17日に勝てばM11点灯