2018.9.16 05:02

西武の『カク』改め郭俊麟が3年ぶり白星!六回途中3失点「ぎりぎり合格」

西武の『カク』改め郭俊麟が3年ぶり白星!六回途中3失点「ぎりぎり合格」

西武先発の郭俊麟

西武先発の郭俊麟【拡大】

 (パ・リーグ、西武11-5ソフトバンク、19回戦、ソフトバンク10勝9敗、15日、メットライフ)台湾出身の4年目右腕が大仕事だ。今季2度目の登板となった西武・郭俊麟(クォ・ジュンリン)投手(26)がソフトバンク19回戦(メットライフ)で六回途中を6安打3失点で、3年ぶりの白星を手にした。

 「この3年は長かった。失点は3点まで、と思っていたのでぎりぎり合格です」

 1年目の2015年に3勝を挙げたが、その後は鳴かず飛ばず。昨年オフに背番号が「12」から「69」に変更されたのを機に、「結果が出ず、何かを変えたかった」と、登録名を日本語読みの「かく・しゅんりん」から本名に変えた。

 転機は今季から2軍投手コーチに就任した台湾出身の許銘傑(シュウ・ミンチェ)氏との出会い。かつて西武で活躍した同郷の先輩に指導を受け、「大きな力になった」と感謝する。チームに大きな1勝を運んだ郭は「もっと長い回を投げられるようにしたい」と飛躍を誓った。 (片倉尚文)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武の『カク』改め郭俊麟が3年ぶり白星!六回途中3失点「ぎりぎり合格」