2018.9.16 10:00(1/2ページ)

エース・大栄16K!仙台育英、7連覇へ好発進/東北スポーツ

エース・大栄16K!仙台育英、7連覇へ好発進/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
9回3失点で完投勝利した大栄(右)。打っても3安打3打点と活躍 (撮影・井上幸治)

9回3失点で完投勝利した大栄(右)。打っても3安打3打点と活躍 (撮影・井上幸治)【拡大】

 高校野球秋季宮城大会(15日、石巻市民ほか)宮城大会が開幕。仙台育英が1回戦で仙台東を7-3で下し7連覇へ好発進した。先発した大栄陽斗投手(2年)が16三振を奪い、9回6安打3失点で完投勝利。青森、秋田、岩手の各県大会も開幕。福島大会は1回戦のいわき光洋-聖光学院戦が降雨コールドでノーゲームになるなど、8試合が16日に順延した。

 これぞエースの投球だ。大栄が16奪三振の快投で、初戦快勝の立役者となった。

 「自分の結果よりチームが勝てばいい。でも、こんなに三振が多かったのは初めて」

 前チームから主戦級だった右腕は、一回こそエースの責任感から「抑えなきゃと空回りし、直球が高めに浮いた」。4安打で3点を先制された。だが、二回から持ち味の丁寧に低めを突く投球を再確認。直球、スライダーを軸に三振の山を築きチームの逆転を呼んだ。

 中部地区大会決勝で東北に2-3と逆転負け。「逆転する設定とかを考えて投げてきたのが生きた」。打っても五回二死一塁で、公式戦1号の右越え2ランを放つなど3安打3打点。自ら援護しリズムに乗った。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. エース・大栄16K!仙台育英、7連覇へ好発進/東北スポーツ