2018.9.16 05:03(1/2ページ)

巨人4年連続V逸…菅野で“終戦” 遠のく2位、球団史上3度目屈辱

巨人4年連続V逸…菅野で“終戦” 遠のく2位、球団史上3度目屈辱

特集:
菅野智之
菅野でも勝てない…。三回に押し出し四球を与え、エースの表情が曇った (撮影・矢島康弘)

菅野でも勝てない…。三回に押し出し四球を与え、エースの表情が曇った (撮影・矢島康弘)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA3-1巨人、23回戦、DeNA14勝8敗1分、15日、横浜)巨人は15日、DeNA23回戦(横浜)に1-3で敗れ、1分けを挟んで4連敗。エースの菅野智之投手(28)が7回2失点と粘りの投球をみせるも、2006年以来、12年ぶりに4年連続でリーグ優勝を逃した。一方、DeNAの平良拳太郎投手(23)は七回途中まで2安打1失点8奪三振の力投で古巣から初勝利となる4勝目。3位巨人に1・5ゲーム差まで迫った。

 エースの菅野でも連敗を止められなかった。11日のヤクルト戦から1分けを挟んで4連敗。2003-06年以来、球団史上3度目となる4年連続のV逸が決定した。

 「1点目は仕方ないにしても、2点目は慎重になりすぎた」

 菅野が悔やんだのは三回だ。二死一塁から3者連続で四球を与え、押し出しで2点目を献上。一回に二塁手・山本の落球で先制点を奪われた右腕は7回4安打2失点(自責点1)。力投も勝利には結びつかなかった。

 広島とは15ゲーム差でリーグ優勝を逃し、自力でのクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性もなくなった。エースは「昨年(のシーズン)が終わったときから、優勝しようとスタートしている。悔しい以外の何ものでもない」と肩を落とした。

【続きを読む】

  • 5回、空振り三振に倒れる巨人・岡本=横浜スタジアム(撮影・矢島康弘)
  • 8回、選手交代を告げにベンチを出る巨人・高橋監督。右は岡本=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • 7回、一邪飛に倒れる巨人・岡本=横浜スタジアム(撮影・矢島康弘)
  • 7回、適時打を放つ巨人・マギー=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • 7回、三塁打を放った巨人・重信=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • 3回DeNA・桑原に押し出し四球を与える巨人・菅野=横浜スタジアム(撮影・矢島康弘)
  • 1回、DeNA・ロペスの飛球を落球した巨人・山本(手前)。1点を失う=横浜スタジアム(撮影・矢島康弘)
  • 先発の巨人・菅野=横浜スタジアム(撮影・矢島康弘)
  • スパイクの手入れをする巨人・岡本=横浜スタジアム(撮影・矢島康弘)
  • 2018年交流戦以降セ・リーグ下位5球団の貯金・借金推移
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人4年連続V逸…菅野で“終戦” 遠のく2位、球団史上3度目屈辱