2018.9.16 05:03

6年ぶりCSへ昇り竜!中日、平田V弾で連勝4位浮上

6年ぶりCSへ昇り竜!中日、平田V弾で連勝4位浮上

七回、勝ち越しソロを放った平田(左)は、会心の笑みでナインとハイタッチだ!

七回、勝ち越しソロを放った平田(左)は、会心の笑みでナインとハイタッチだ!【拡大】

 (セ・リーグ、広島5-7中日、25回戦、中日14勝11敗、15日、マツダ)中日は15日、首位・広島との最終戦(マツダ)に7-5で勝ち、連勝で4位に浮上した。5点差を追いつかれた直後の七回に、平田良介外野手(30)の8号ソロで勝ち越した。これで3位・巨人とのゲーム差は1・5。逆転でのクライマックスシリーズ(CS)進出へ、その背中を捉えた。

 大逆転でのCS進出へ、執念の一発だ。平田が鯉党を静まりかえらせる、決勝の8号ソロを左翼席へたたき込んだ。

 「狙いにいっていました。コースが甘かったので、うまく反応することができてよかった。打った瞬間に分かった」

 5点リードを追いつかれた直後の七回二死。大瀬良の速球を完璧に捉えた。三回にも口火を切る先制の左前適時打を放つなど、3安打2打点と躍動した。

 広島戦は5連勝でフィニッシュ。今季14勝11敗で、首位独走の赤ヘル相手にリーグ唯一の勝ち越しとなった。ゲーム差なしの阪神に勝率で上回って4位に浮上し、3位・巨人に1・5ゲーム差まで接近。その巨人とは、16日から東京ドームで2連戦。一気に2012年以来、6年ぶりとなるCS出場圏内突入の可能性まで出てきた。

 5点差を追いつかれてからの粘り勝ち。七回から救援の3投手が無失点で、森監督は「(中継ぎ陣に)昔みたいなの(失点)がなくなった」と評価。投打がかみ合った。

 「チームとしては、もう1試合も負けられない。各選手が勝つためにどうするのかを常に意識して、一戦一戦やっていきたい」と平田。昇り竜のごとく、セ・リーグの最終盤を熱くする。 (邨田直人)

試合結果へ

  • 中日・平田が左中間に勝ち越しソロを放つ
  • 2018年交流戦以降セ・リーグ下位5球団の貯金・借金推移
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 6年ぶりCSへ昇り竜!中日、平田V弾で連勝4位浮上