2018.9.15 14:52

阪神・北條は「左肩の亜脱臼」 一定期間患部の固定が必要か

阪神・北條は「左肩の亜脱臼」 一定期間患部の固定が必要か

4回、ヤクルト・井野の打球を飛びつき捕球した阪神・北條=甲子園球場(撮影・水島啓輔)

4回、ヤクルト・井野の打球を飛びつき捕球した阪神・北條=甲子園球場(撮影・水島啓輔)【拡大】

 前日14日の遊撃守備で三遊間の打球に飛びついた際に左肩を負傷していた阪神・北條史也内野手(24)が15日、出場選手登録を抹消された。この日の午前中に大阪市内の病院で診察を受けた結果「左肩の亜脱臼」と診断された。

 北條はプロ6年目の今季、開幕1軍こそ逃したものの6月22日に初昇格し、62試合で打率・322、1本塁打、20打点。しぶとく、勝負強さを増した打撃と、「執念」のにじみ出る遊撃守備でチームをもり立ててきた。

 一定期間、患部の固定が必要とみられ、今季中の復帰は厳しい状況に。エースのメッセンジャーも抹消中で、キャプテンの福留も右太ももを痛めスタメンを外れており、チームにはさらなる痛手となってしまった。

 北條の抹消にともない、森越祐人内野手(30)が出場選手登録された。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・北條は「左肩の亜脱臼」 一定期間患部の固定が必要か