2018.9.15 05:02(1/2ページ)

阪神・小野、投手に痛打…“魔た”粘れず4戦連続未勝利

阪神・小野、投手に痛打…“魔た”粘れず4戦連続未勝利

小野(手前)は六回、投手の原(奥)にタイムリーを浴びた(撮影・松永渉平)

小野(手前)は六回、投手の原(奥)にタイムリーを浴びた(撮影・松永渉平)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神0-4ヤクルト、20回戦、10勝10敗、14日、甲子園)山場を乗り越えてほしかった。小野がまたも勝負どころで痛打され、冷たい霧雨にユニホームをぬらしながら肩を落とした。4試合連続で勝利から見放された。

 「常にピンチを抱えての投球で、攻撃のリズムを作れませんでした。投手に打たれたことが一番もったいなかったです」

 試合後も悔やんだ場面は、0-1で迎えた六回だ。雄平を遊ゴロ、大引を空振り三振に仕留めて危なげなく二死までこぎつけた。ところが…西浦に中前打を浴びると井野に四球で一、二塁。続く投手の原に高め143キロを左前に運ばれ、追加点を献上した。7~9番の下位打線につかまると、なお一、二塁で坂口にまた四球。塁を埋めたところで交代を告げられた。

【続きを読む】

  • 6回、ヤクルト・原に適時打を浴びた阪神・小野=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 先発の阪神・小野=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 先発の阪神・小野=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 阪神・小野の最近5試合登板成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・小野、投手に痛打…“魔た”粘れず4戦連続未勝利