2018.9.15 14:44

ヤンキース・ジャッジが右手首骨折から復帰も当面は代走と守備

ヤンキース・ジャッジが右手首骨折から復帰も当面は代走と守備

ブルージェイズ戦の8回、右翼の守備に就き復帰を果たしたヤンキースのジャッジ=ニューヨーク(共同)

ブルージェイズ戦の8回、右翼の守備に就き復帰を果たしたヤンキースのジャッジ=ニューヨーク(共同)【拡大】

 右手首骨折で故障者リスト入りしていた米大リーグ、ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手(26)が14日(日本時間15日)、出場登録された。同日に本拠地で行われたブルージェイズ戦の八回の守備から途中出場したが、打席には立たなかった。米CBSスポーツ(電子版)は「アーロン・ジャッジ、右手首骨折から復帰もキャッチボールのみ」との見出しで、試合で打席に立つことはできないことをブーン監督が明かしたと伝えた。

 当面は試合後半での守備要員、または代走での出場になる予定で、試合で打席に立つにはまだ数日間かかる見込み。

 先週から素振りを始めたジャッジは、ティー打撃をへてケージでの打撃練習を開始。この日の試合前も打撃練習をこなし、右翼スタンドに数発大きい打球を運ぶなど、負傷した右手首は順調に回復しているという。

 ジャッジは7月26日(同27日)のロイヤルズで死球を受け右手首骨折。翌27日(同28日)に10日間の故障者リスト(DL)入りした。昨季リーグ最多の52本塁打を放って新人王に輝いたジャッジは、今季は99試合で打率・285、26本塁打、61打点の成績を残している。

  • ヤンキース・ジャッジ
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. ヤンキース・ジャッジが右手首骨折から復帰も当面は代走と守備