2018.9.15 05:03(1/2ページ)

日本ハム、北海道に元気の白星!地震後に札幌ドームで初の試合

日本ハム、北海道に元気の白星!地震後に札幌ドームで初の試合

打のヒーロー、鶴岡(左)は試合後、ファンと笑顔でタッチ。合言葉は“がんばろう、北海道”だ (撮影・野口隆史)

打のヒーロー、鶴岡(左)は試合後、ファンと笑顔でタッチ。合言葉は“がんばろう、北海道”だ (撮影・野口隆史)【拡大】

 (パ・リーグ、日本ハム4-3オリックス、20回戦、日本ハム11勝9敗、14日、札幌D)日本ハムは14日、オリックス20回戦(札幌ドーム)に4-3で逆転勝ち。チーム一丸となり、6日未明に発生した北海道地震後、本拠地で初めて行われた試合を白星で飾った。

 いつもと変わらぬトランペットの応援に、2万4341人の温かい拍手が球場を包み込む。電力供給不足を受け、グラウンド照明は通常より約25%削減。照明は暗くても、日本ハムナインは明るく輝いていた。

 「勝てたのが一番よかったと思います。特別な日で、来てくださった方のために、とチーム全体で共有していた」

 「6番・DH」で先発出場し、四回に同点の押し出し四球を選んだD1位・清宮(早実高)が胸を張った。

 1点を追う一死満塁で2ストライクと追い込まれながらも「きょう来てくださった方々が後押ししてくれた」と冷静に見極めた。そして、続く鶴岡の中前適時打を呼び込んだ。

 地震の影響で、札幌ドームで行われる予定だった11、12日のロッテ戦は中止。節電のため2つある大型ビジョンは右翼席後方のみが使用されたが、試合前には選手全員が集まって撮影したメッセージビデオが放映された。主将の中田が「微力ではありますが、今日を復興へのプレーボールとすることを誓います」と力強く宣言。球場内のボルテージは一気に高まった。

 7連戦の初戦勝利で、首位西武とのゲーム差5・5をキープ。「北海道を元気にする気持ちを常に持って残り試合を戦いたい」と中田。日本ハムが北海道を盛り上げる。 (中田愛沙美)

【続きを読む】

  • 試合前に募金への協力を呼び掛けた(右から)栗山監督、福良監督、中田、伏見、中島
  • 試合前に黙祷する栗山監督、清宮ら日本ハムナイン
  • 2台ある大型ビジョンだが、この日は1台だけ使用。節電が徹底された
  • ヒーローインタビュー後、HOKKAIDOPRIDEのカードを手に写真に収まる日本ハム・鶴岡とロドリゲス=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 試合中に流された日本ハム・清宮(右)のメッセージビデオ。左は石井=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 6回、適時打を放つ日本ハム・鶴岡=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 5回、適時打を放つ日本ハム・大田=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 4回、勝ち越しの中前適時打を放つ日本ハム・鶴岡=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 4回、押し出しの同点四球で一塁へ向かう日本ハム・清宮=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 2回、捕邪飛に倒れる日本ハム・清宮=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 先発の日本ハム・ロドリゲス=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 試合前に募金活動する日本ハム・栗山監督ら=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 日本ハム、北海道に元気の白星!地震後に札幌ドームで初の試合