2018.9.14 21:54

阪神、好調の北條が負傷交代…左肩に亜脱臼のような症状

阪神、好調の北條が負傷交代…左肩に亜脱臼のような症状

4回、ヤクルト・井野の打球を飛びつき捕球した阪神・北條=甲子園球場(撮影・水島啓輔)

4回、ヤクルト・井野の打球を飛びつき捕球した阪神・北條=甲子園球場(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神0-4ヤクルト、20回戦、10勝10敗、14日、甲子園)阪神の北條が四回の遊撃守備で負傷し、そのまま途中交代した。1死無走者の場面で井野の三遊間への打球を横っ跳びで捕った際に体を打ち付けた。担架で運ばれてグラウンドを去ったが、クラブハウスへは自力で歩いて戻った。球団によると、左肩に亜脱臼のような症状がある。

 7月から遊撃手として先発に定着。打率3割2分2厘と好調だっただけに、長期離脱となれば、チームにとって大きな痛手となりそうだ。

阪神・香田投手コーチ(5四球の小野に)「ブルペンではすごくいいんだけど。試合になったときの制球力がずっと課題」

坂本(8月12日以来の先発マスク。小野に)「もうちょっと一緒に粘ったり、何とかしてあげられたら良かった」

試合結果へ

  • 4回、ヤクルト・井野の打球を飛びつき捕球した後、担架で運ばれる阪神・北條=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 4回、ヤクルト・井野卓の打球を好捕するも負傷した阪神・北條=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 6回、選手交代を告げた阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神、好調の北條が負傷交代…左肩に亜脱臼のような症状