2018.9.14 05:03(1/2ページ)

松坂にやられすぎ…嘆きの阪神・金本監督「なんでかなぁ。うちだけちゃうかなぁ」

松坂にやられすぎ…嘆きの阪神・金本監督「なんでかなぁ。うちだけちゃうかなぁ」

松坂を打てず…金本監督も「なんでかなぁ」

松坂を打てず…金本監督も「なんでかなぁ」【拡大】

 (セ・リーグ、阪神2-6中日、21回戦、中日12勝9敗、13日、甲子園)何度、やられるんや…。阪神は中日・松坂大輔投手(38)に3連敗を喫してバースデーでの甲子園凱旋の“引き立て役”となり、2-6と完敗。金本知憲監督(50)は「なんでかなぁ」とうめくしかなかった。これで今季の甲子園での負け越しが決定。2位のヤクルトとは4・5ゲーム差に開いた。

 甲子園は松坂のためにあるのか-。そぼ降る雨が不快指数を増す。また打てなかった。しかも38歳の誕生日を迎えたレジェンドに、甲子園で4479日ぶり勝利というおまけつき。どこまでお人よしなのか。甲子園は虎の本拠地じゃないの!? 助演男優賞ばりの打線に、金本監督は首をひねりっぱなしだった。

 「う~ん、なんでかなぁ。うちだけちゃうかなぁ。なんでかなぁ…。得点圏にいってもね…」

 その答えはファンが一番知りたい。今季4度目の対戦で3勝(1敗)を献上。対戦防御率は、なんと1・96だ。阪神以外は防御率5・01(3勝3敗)-。まさに「なんでかなぁ」だ。

 確かにこの日の松坂は最速144キロを計時。カットボールなど変化球も低めに決まっていたが、手も足も出なかったわけではなかった。

【続きを読む】

  • 五回の好機で空振り三振に倒れる大山。虎打線が松坂(手前)に3連敗だ(撮影・森田達也)
  • 投球する阪神・伊藤和=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 6回、適時打を放つ阪神・梅野=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 5回、中日・武山に犠牲フライを浴びる阪神・岩崎=甲子園球場(撮影・森田達也)
  • 投球する阪神・望月=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 4回、三塁打を放った阪神・大山=甲子園球場(撮影・森本幸一)
  • 阪神・最近10年の甲子園成績
  • 阪神・松坂との対戦成績
  • 松坂の誕生日(9月13日)登板成績
  • 松坂大輔の甲子園通算登板成績
  • 松坂世代・主な選手
  • セ・優勝ライン
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 松坂にやられすぎ…嘆きの阪神・金本監督「なんでかなぁ。うちだけちゃうかなぁ」