2018.9.13 05:04(1/2ページ)

巨人・杉内、引退会見で涙「いつかすごい投手を育てたい」

巨人・杉内、引退会見で涙「いつかすごい投手を育てたい」

特集:
移籍・退団・引退
通算142勝の杉内が現役引退を決断。唇をかみしめ、17年間のプロ生活を振り返った(撮影・矢島康弘)

通算142勝の杉内が現役引退を決断。唇をかみしめ、17年間のプロ生活を振り返った(撮影・矢島康弘)【拡大】

 巨人・杉内俊哉投手(37)が12日、東京都内のホテルで記者会見し、現役引退を表明した。ソフトバンク時代の2005年に最多勝、沢村賞に輝くなど、通算142勝を誇る左腕は、15年オフの右股関節手術からの復活を目指していたが、近年は左肩痛のリハビリも続いていた。「松坂世代」の大物がまた一人、ユニホームを脱ぐことになった。

 後輩の内海から花束を手渡され、杉内はあふれ出る涙をぬぐった。35分間の会見で、かみしめるように17年間の現役生活を振り返った。

 「若い選手と過ごす時間が増えて、心から後輩を応援するようになった。勝負師として、違うかなと感じました」

 切れのある直球とスライダーを代名詞に、現役最多の2156奪三振、同2位の142勝。ダイエー時代にはKO直後にベンチの壁を殴り、両手を骨折したほどの闘争心でマウンドに立った。輝かしい実績を残した一方で、近年はけがに泣かされた。

 15年10月に右股関節の形成手術を受け、17年には左肩痛を発症。我慢強くリハビリを続けたが、「これ以上は僕のわがままになってしまう」と自ら区切りを付けた。8月下旬に鹿取ゼネラルマネジャーに引退の意思を伝え、お世話になったソフトバンク・王球団会長や巨人・原前監督にも報告の電話を入れたという。

【続きを読む】

  • 杉内は引退会見で内海に花束を手渡され、男泣きした(撮影・長尾みなみ)
  • 引退会見最後に内海から花束を受け取り涙を流す巨人・杉内=東京ドームホテル(撮影・矢島康弘)
  • 引退会見最後に内海が花束を渡し喜ぶ巨人・杉内=東京ドームホテル(撮影・矢島康弘)
  • 引退会見で内海(右)と抱擁を交わす巨人・杉内=東京ドームホテル(撮影・長尾みなみ)
  • 引退会見で内海(右)と抱擁を交わす巨人・杉内=東京ドームホテル(撮影・長尾みなみ)
  • 引退会見で涙を浮かべる巨人・杉内=東京ドームホテル(撮影・矢島康弘)
  • 試合前に巨人・高橋監督に挨拶する杉内=東京ドーム(撮影・加藤圭祐)
  • 引退会見に臨む巨人・杉内=東京ドームホテル(撮影・長尾みなみ)
  • 杉内俊哉の年度別登板成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人・杉内、引退会見で涙「いつかすごい投手を育てたい」