2018.9.12 21:48

阪神が連敗止める!糸井&大山が一発 中日の連勝は5でストップ

阪神が連敗止める!糸井&大山が一発 中日の連勝は5でストップ

特集:
糸井嘉男
1回、2点本塁打を放った阪神・糸井=甲子園球場(撮影・森本幸一)

1回、2点本塁打を放った阪神・糸井=甲子園球場(撮影・森本幸一)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神8-5中日、20回戦、中日11勝9敗、12日、甲子園)阪神が糸井と大山の本塁打などで中日投手陣を打ち崩し、連敗を2で止めた。先発の岩貞は7回を投げ5安打2失点で7勝目(7敗)。中日は一回に先制したものの、先発の小熊が3回1/3を投げ8安打8失点と乱調。連勝は5でストップした。

 先制したのは中日。一回、二死から2つの四球とビシエドの安打で満塁のチャンスをつくると、高橋が岩貞の足元を抜ける中前2点打を放ち先制。阪神はその裏、一死から糸原が左翼線二塁打で出塁すると二死後、糸井が小熊から左翼席中段に運ぶ16号2ランを放ち追いついた。

 阪神は三回二死一、二塁から陽川の中前に落ちる適時打で勝ち越した。続く四回にも一死一、三塁から糸原の投ゴロが小熊の失策を誘い追加点を挙げ、さらに一死一、二塁で大山が右翼ポール際へ6号3ラン。その後ナバーロにも適時打が飛び出し、点差を6点に広げた。

 中日は九回に3点を返したが及ばなかった。

試合結果へ

  • 4回、本塁打を放つ阪神・大山=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 先発の阪神・岩貞=甲子園球場(撮影・岡田茂)
  • 4回、適時打を放つ阪神・ナバーロ=甲子園球場(撮影・岡田茂)
  • 3回、適時打を放った阪神・陽川=甲子園球場(撮影・森本幸一)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神が連敗止める!糸井&大山が一発 中日の連勝は5でストップ