2018.9.12 05:04(2/4ページ)

阪神、大暗転黒星 福留まで離脱危機…右足負傷途中交代、12日精密検査

阪神、大暗転黒星 福留まで離脱危機…右足負傷途中交代、12日精密検査

特集:
福留孝介
福留(左)はトレーナーとともにベンチに下がる

福留(左)はトレーナーとともにベンチに下がる【拡大】

 すぐにトレーナーが走る。ベンチへと下がる。治療に時間をかけることもなく代走・伊藤隼が送り出された。球団広報は試合後、右太ももの張りで大事をとっての交代だと発表したが、六回攻撃中に福留がクラブハウスへと引き揚げる際には「きょうは(取材)なしでお願いします」と“規制”するほど、緊迫した空気が漂っていた。

 12日に精密検査を受け、今後の出場について判断する見通しだが、出場選手登録抹消という最悪の可能性も出てきた。片岡ヘッド兼打撃コーチも「明日にならないとわからない」。福留は階段を上る際も、帰りの車に乗り込む際も自力で歩いていたが、問いかけに応じず無言を貫いた。

 金本監督にとっても痛恨だ。福留の起用法について「残り試合、全部頑張ってもらうぐらいのつもりで。『少々無理をしてもいくぞ』というのは伝えている」と、これまで与えてきた積極的休養をお預けにすることを明言したばかり。今季はここまでチーム最多の65打点、本塁打も糸井の15本に次ぐ14本を放ち、虎をけん引してきた。

【続きを読む】

  • 福留は六回、内野安打を放って一塁へ激走。右足が悲鳴をあげた(撮影・松永渉平)
  • 九回にドリス(中央)が逆転打を浴びて敗戦。最悪の負け方だった
  • 6回、内野安打を放った後に異常を訴える阪神・福留=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 6回、交代を告げる阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 先発の阪神・メッセンジャー=甲子園球場(撮影・岡田茂)
  • 4回、中日・松井雅への危険球で退場する阪神・メッセンジャー=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 3回、阪神・メッセンジャーが安打を放つ=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 3回、適時打を放った阪神・糸井=甲子園球場(撮影・森本幸一)
  • 4回、阪神・大山が本塁打を放つ=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 4回、適時二塁打を放つ阪神・北條=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 阪神・福留の最近5試合アットバット
  • セ・優勝ライン
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神、大暗転黒星 福留まで離脱危機…右足負傷途中交代、12日精密検査