2018.9.12 05:04(1/4ページ)

阪神、大暗転黒星 福留まで離脱危機…右足負傷途中交代、12日精密検査

阪神、大暗転黒星 福留まで離脱危機…右足負傷途中交代、12日精密検査

特集:
福留孝介
福留は六回、内野安打を放って一塁へ激走。右足が悲鳴をあげた(撮影・松永渉平)

福留は六回、内野安打を放って一塁へ激走。右足が悲鳴をあげた(撮影・松永渉平)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神6-7中日、19回戦、中日11勝8敗、11日、甲子園)え、えらいこっちゃ! 阪神は守護神ドリスが打たれて、最下位中日にまさかの逆転負け。六回の走塁で福留孝介外野手(41)が右太ももを痛め、12日に検査を受けることになった。クライマックスシリーズ(CS)出場に向けての正念場で、大黒柱中の大黒柱が離脱危機。中日とは1・5ゲーム差と、ホンマにヤバい!!

 あと1人だった。アルモンテの打球が中前に抜け、ドリスが逆転を許すと、怒りのジェット風船がグラウンドに乱れ飛んだ。係員が回収に走り、試合は一時中断。怒声も飛び交った。CS進出を占う7連戦は最悪の開幕。そしてグラウンドに福留の姿はなかった。

 「ちょっとわからんね。検査にいって…」

 試合後、金本監督は険しい表情で口を開いた。

 5-5の六回だった。先頭・福留が代わったばかりの左腕・ロドリゲスからバットを折りながらも遊撃内野安打。歯を食いしばり、右足でベースを踏んで駆け抜ける。杉本一塁塁審が手を広げた瞬間、マンモスはわき上がったが、福留は苦悶の表情で膝に手をやった。

【続きを読む】

  • 福留(左)はトレーナーとともにベンチに下がる
  • 九回にドリス(中央)が逆転打を浴びて敗戦。最悪の負け方だった
  • 6回、内野安打を放った後に異常を訴える阪神・福留=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 6回、交代を告げる阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 先発の阪神・メッセンジャー=甲子園球場(撮影・岡田茂)
  • 4回、中日・松井雅への危険球で退場する阪神・メッセンジャー=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 3回、阪神・メッセンジャーが安打を放つ=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 3回、適時打を放った阪神・糸井=甲子園球場(撮影・森本幸一)
  • 4回、阪神・大山が本塁打を放つ=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 4回、適時二塁打を放つ阪神・北條=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 阪神・福留の最近5試合アットバット
  • セ・優勝ライン
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神、大暗転黒星 福留まで離脱危機…右足負傷途中交代、12日精密検査