2018.9.12 05:03(1/2ページ)

またか…またなのか!阪神・ドリスぶち壊し2失点 九回二死満塁、あと1人から痛打

またか…またなのか!阪神・ドリスぶち壊し2失点 九回二死満塁、あと1人から痛打

九回、ドリスが逆転タイムリーを浴びると、ブーイングのジェット風船が舞った(撮影・松永渉平)

九回、ドリスが逆転タイムリーを浴びると、ブーイングのジェット風船が舞った(撮影・松永渉平)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神6-7中日、19回戦、中日11勝8敗、11日、甲子園)あと1人コールからの暗転で、勝利への道はついえた。ドリスが逆転打を浴び、大型連戦の頭をとれなかった。絶対的守護神のオーラは、竜打線の勢いの前にしぼんでいった。敗戦後、表情をこわばらせながら淡々と語った。

 「球自体は悪くなかったと思いますが、あの球は(コースが)上にいって、ヒットになる確率が高くなったと思います」

 あの球-。右腕が悔いたのは、6-5で迎えた九回二死満塁からアルモンテに投じた3球目だ。制球が定まらず、初球からフォークを2球続けたがストライクが入らず、カウント1-1からの高め154キロを弾き返されて、二遊間をしぶとく破られた。

 逆転の2点打を許し、あと1人コールで背中を押していた虎党の手から黄色い風船が離れた。秋風に流されて、外野の芝の上に落ちた“希望”を球場スタッフが回収するために、試合は一時中断した。なおも二死一、二塁から高橋はキレ味を取り戻したフォークで空振り三振に斬ったが、時すでに遅し…。

【続きを読む】

  • ドリス(左)はアルモンテに中前に弾き返される
  • 9回、中日・アルモンテに適時打を浴びた阪神・ドリス=甲子園球場(撮影・村本聡)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. またか…またなのか!阪神・ドリスぶち壊し2失点 九回二死満塁、あと1人から痛打