2018.9.12 05:02(1/2ページ)

阪神・大山、プロ初2発実らず 五回には絶妙セーフティーバント

阪神・大山、プロ初2発実らず 五回には絶妙セーフティーバント

大山は七回、自身初となる1試合2発目の5号ソロを放つ(撮影・村本聡)

大山は七回、自身初となる1試合2発目の5号ソロを放つ(撮影・村本聡)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神6-7中日、19回戦、中日11勝8敗、11日、甲子園)ヒーローこそ手からこぼれていったが、この快音が聞きたかった。スタンドインを確信した左翼席の虎党が、思わず立ち上がる。大山が一時勝ち越しの5号ソロだ。プロ初の1試合2発で、必死に竜に食らいついた。

 「勝ち負けが全てなので、最後に出られなかったことが反省。全てだと思います」

 九回二死で左飛。最後の打者となったことが口をついたが、力強く打線を引っ張った。

 5-5で迎えた七回無死。カウント3-1からの5球目、福谷の151キロをジャストミートした。一時勝ち越しとなる値千金の一発。足早にダイヤモンドを回ると、少しだけ笑みがこぼれた。

 反撃ののろしをあげたのもまた、この男だ。1-4の四回先頭。ガルシアの初球を左中間最深部に突き刺した。火がついた打線は、この回に3点を奪い同点に。五回無死一塁では三塁線に意表をつくセーフティーバントを決めて、今季4度目の猛打賞を記録した。

【続きを読む】

  • 4回、阪神・大山が本塁打を放つ=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 4回、本塁打を放つ阪神・大山=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 7回、阪神・大山が本塁打を放つ=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 7回、本塁打を放つ阪神・大山=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 7回、本塁打を放った阪神・大山=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・大山、プロ初2発実らず 五回には絶妙セーフティーバント