2018.9.12 05:05(1/2ページ)

ヤクルト・ライアン、巨人に7連勝!川崎以来球団19年ぶり

ヤクルト・ライアン、巨人に7連勝!川崎以来球団19年ぶり

八回二死一、二塁で阿部を空振り三振に封じ、雄たけびをあげる小川

八回二死一、二塁で阿部を空振り三振に封じ、雄たけびをあげる小川【拡大】

 (セ・リーグ、巨人1-4ヤクルト、21回戦、ヤクルト11勝10敗、11日、東京D)セ・リーグ2位のヤクルトは11日、3位・巨人との21回戦(東京ドーム)に4-1で勝ち、勝率5割に復帰した。先発した小川泰弘投手(28)が8回6安打1失点の力投で、7勝目(5敗)を挙げた。巨人戦での先発では2016年4月30日から7連勝で、球団では1998-99年の川崎憲次郎以来、19年ぶりの記録。Gキラーの活躍で、巨人に2ゲーム差をつけた。

 まさに、エースの投球-。小川が巨人打線に真っ向勝負を挑んだ。4-1の八回二死一、二塁。代打・阿部を直球で空振り三振に仕留め、ほえた。8回129球を投げ、6安打1失点で7勝目。2、3位直接対決の第1ラウンドを制した。

 「(八回は)出し切らないといけない場面。大事な一戦ということは分かっていた。一球一球、攻めることができた」

 巨人キラーの名に違わぬ投球だった。巨人戦の先発は2016年4月30日から7連勝。球団では川崎憲次郎以来、19年ぶりだ。「プロに入る前から対戦したいと思っていたチーム。負けたくないという思いは強い」。小さい頃にテレビで見ていた巨人を翻弄した。

 その頃から、夢に向けてすべてをささげてきた。「小学校に入る前から夢はプロ野球選手でした。小学生のときにはもうプロテインを飲んでいました」と笑う。上背は1メートル71だが、幼少期から鍛え抜かれた体から繰り出す剛球で押し込んだ。

 リーグ2位なら、クライマックスシリーズ・ファーストステージを本拠地で開催できる。敗れれば順位が入れ替わる3位・巨人との3連戦の初戦を前に、小川監督はナインを鼓舞した。

【続きを読む】

  • 先発のヤクルト・小川泰弘
  • 一発出れば同点の場面で登場した阿部をベンチに戻らせた
  • 1999年、ヤクルト・川崎
  • 試合に勝って笑顔の(左から)青木、坂口、上田=東京ドーム(撮影・田村亮介)
  • 石山からウイニングボールを受け取るヤクルト・小川=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 8回、適時打を放ったヤクルト・大引=東京ドーム(撮影・田村亮介)
  • 回、捕逸の間に勝ち越しの生還を果たしたヤクルト・坂口=東京ドーム(撮影・田村亮介)
  • 8回、左前打を放つヤクルト・青木=東京ドーム(撮影・田村亮介)
  • 6回、同点の中越え二塁打を放ったヤクルト・バレンティン=東京ドーム(撮影・田村亮介)
  • 3回死球を受けるヤクルト・青木=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • ヤクルト・小川泰弘の巨人戦7連勝!!
  • セ・優勝ライン
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト・ライアン、巨人に7連勝!川崎以来球団19年ぶり