2018.9.12 05:03(1/2ページ)

大谷、シスラー以来103年ぶり「10登板以上&9盗塁」

大谷、シスラー以来103年ぶり「10登板以上&9盗塁」

特集:
大谷翔平
七回に適時打を放ち、手をたたいて喜ぶ大谷。勝利への執念を示し続けた (共同)

七回に適時打を放ち、手をたたいて喜ぶ大谷。勝利への執念を示し続けた (共同)【拡大】

 エンゼルス2-5レンジャーズ(10日=日本時間11日、アナハイム)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(24)はレンジャーズ戦に「5番・DH」でフル出場し、4打数2安打1打点。8試合連続安打で、今季19度目のマルチ安打をマークした。シーズン9個目の盗塁も決め、メジャーでは1915年のジョージ・シスラー以来、103年ぶりとなる「10登板以上&9盗塁」を達成した。

 打って走って、まさに「ショータイム」だ。大谷が複数安打。四回には走塁でも視線を集めた。

 「チャレンジするのはすごく大事なこと」と大谷。右中間へ打ち返し、中堅手が回り込んで処理する間に二塁を陥れた。続いて三盗を敢行。判定はアウトだったが、大谷は自信満々に「セーフ!」とアピール。リプレー検証「チャレンジ」で、その通りに覆った。

 前日9日も三盗を狙い、セーフ判定がリプレー検証でアウトになっていた“借り”を返した。今季9盗塁目で、1915年のジョージ・シスラー以来、103年ぶりに同一シーズンでの「10登板、9盗塁」とした。

 七回には横手投げ左腕のシンカーを左翼へ適時打。苦戦した左腕に対し「(対戦)量が多くはなってきている。その分、進歩している」と手応えを口にした。打率・474、4本塁打、10打点、8得点という前週の活躍で、今季2度目の週間MVPにこの日選ばれ、その勢いを持続。新人王争いでもアピールした。

【続きを読む】

  • 7回、左前適時打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  • レンジャーズ戦の4回、三盗したがビデオ判定となり、結果を待つエンゼルス・大谷(右)。セーフとなった=アナハイム(共同)
  • 4回、三盗を決めたエンゼルス・大谷=アナハイム(撮影・リョウ薮下)
  • 4回、右中間二塁打を放ったエンゼルス・大谷=アナハイム(撮影・リョウ薮下)
  • レンジャーズ戦の4回、右中間二塁打を放つエンゼルス・大谷。投手マイナー=アナハイム(共同)
  • 2回、見逃し三振に倒れたエンゼルス・大谷=アナハイム(撮影・リョウ薮下)
  • 2回、見逃し三振に倒れたエンゼルス・大谷=アナハイム(撮影・リョウ薮下)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 大谷、シスラー以来103年ぶり「10登板以上&9盗塁」