2018.9.12 19:38

堀内恒夫氏、同じ背番号18の杉内ねぎらう「もう迷うことはない」

堀内恒夫氏、同じ背番号18の杉内ねぎらう「もう迷うことはない」

堀内恒夫氏 

堀内恒夫氏 【拡大】

 プロ野球・元巨人監督の堀内恒夫氏(70)が12日、ブログを更新。今季限りで現役を引退することを表明した、巨人の杉内俊哉投手(37)をねぎらった。「杉内とも話をしたことはないんだ」と前置きした上で、「でも巨人の背番号『18』が引退するとなると俺としては非常に感慨深いものがあるよね」と自身の現役時代と同じ背番号を背負う左腕への思いをつづった。

 杉内は鹿児島実高から三菱重工長崎を経て2002年にダイエー(現ソフトバンク)に入団。05年に18勝で最多勝を獲得し、パ・リーグ最優秀選手(MVP)と沢村賞に輝いた。フリーエージェント(FA)で巨人に移籍した12年に無安打無得点試合を達成。移籍1年目から3年連続で2桁勝利を挙げて巨人のリーグ3連覇を支えた。

 堀内氏は「力を入れないピッチング キレのあるチェンジアップ そしてなんと言っても『勝てるピッチャー』だ」と杉内を評価し、「元18番の俺としては彼が怪我で苦しんでいるのは耳にしていたからね なんとかもう1度 ダメなら1回 いや1アウトだけでも 再びマウンドに立たせてあげたい そう願ってたよ」と思いを込めた。

 最後は「杉内よ、自分で引き際を決められたんだ もう迷うことはないだろう。あとは前進あるのみ!だな!17年間 本当にごくろうさまでした」とエールを送った。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 堀内恒夫氏、同じ背番号18の杉内ねぎらう「もう迷うことはない」