2018.9.12 05:04(1/2ページ)

巨人・杉内、今季限りで引退…村田、後藤に続き松坂世代がまた

巨人・杉内、今季限りで引退…村田、後藤に続き松坂世代がまた

特集:
移籍・退団・引退
ジャイアンツ球場で練習し、1軍復帰を目指していた杉内。思いはかなわず、引退を決断した

ジャイアンツ球場で練習し、1軍復帰を目指していた杉内。思いはかなわず、引退を決断した【拡大】

 巨人・杉内俊哉投手(37)が今季限りで現役を引退することが11日、分かった。近年は故障の連続で、2015年7月21日の阪神戦を最後に1軍のマウンドから遠ざかっていた。ダイエー(現ソフトバンク)時代を含めて通算142勝(77敗)を記録した左腕が、17年間のプロ野球人生の幕を閉じる。

 杉内は鹿児島実高から三菱重工長崎を経て2002年、ドラフト3巡目でダイエー(現ソフトバンク)に入団。18勝を挙げた05年にMVPや最多勝、最優秀防御率に沢村賞とタイトルを総なめにするなど、6度の2桁勝利を記録。日本代表として戦ったワールド・ベースボール・クラシックでも06、09年の大会2連覇に貢献した。

 12年からはフリーエージェント権を行使して巨人へ移籍し、同年にノーヒットノーランを達成するなど12勝をマーク。14年まで3年連続で2桁勝利を挙げたものの、その後はけがに泣かされた。

【続きを読む】

  • 杉内俊哉の年度別登板成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人・杉内、今季限りで引退…村田、後藤に続き松坂世代がまた