2018.9.12 11:30(1/2ページ)

【乾坤一筆】日本ハムナイン、北海道民に「勝利へ必死に戦う姿」を見せて

【乾坤一筆】

日本ハムナイン、北海道民に「勝利へ必死に戦う姿」を見せて

特集:
ベテラン記者コラム・乾坤一筆
試合前に募金を呼びかける日本ハム・栗山監督ら

試合前に募金を呼びかける日本ハム・栗山監督ら【拡大】

 支援活動に敵も味方もない。6日、北海道胆振(いぶり)地方東部地震が発生し、北海道各地で大きな被害が出た。プロ野球でも8、9日に日本ハム、楽天ナインが仙台市の楽天生命パークでの試合前に募金を呼びかけ、2日間で250万円以上の善意が集まった。試合中はグラウンドで真剣勝負を繰り広げる一方でスタンドでは球団の垣根を越えて、楽天ファンが「地震に負けるな 共に頑張ろう 北海道」とボードを掲げていた。

 これも何かの縁だ。日本ハム・栗山監督、鍵谷や楽天・平石監督代行、青山らが必死に声をかけている様子を見て、ふと7年前のことを思い出した。2011年の東日本大震災発生後の4月2日に慈善試合で楽天・嶋が「見せましょう、野球の底力を」と訴えたのは札幌ドーム。当時も両軍が募金を呼びかけ、長蛇の列ができた。

 今年1月に急逝した星野仙一氏(享年70)が発していた言葉も脳裏によみがえった。「困難、苦難は乗り越えられるやつにしか降りかからんのや。そう自分に言い聞かせている。弱音は吐けんやろ」。闘将はそういいながら、難しいかじ取り役を担った。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 【乾坤一筆】日本ハムナイン、北海道民に「勝利へ必死に戦う姿」を見せて