2018.9.12 05:02(1/2ページ)

オリ・福良監督、続投要請も異例の保留「チームにとって何が一番いいのかを考えている」

オリ・福良監督、続投要請も異例の保留「チームにとって何が一番いいのかを考えている」

六回、投手交代を告げる福良監督。試合後、球団から続投を要請されていることを明かした(撮影・榎本雅弘)

六回、投手交代を告げる福良監督。試合後、球団から続投を要請されていることを明かした(撮影・榎本雅弘)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス0-7西武、24回戦、西武14勝8敗2分、11日、ほっと神戸)オリックス・福良淳一監督(58)が球団から続投要請を受けるも、態度を保留していることが11日、分かった。2015年から指揮を執っているが、チームは5、6、4位と低迷。今季も11日終了時点で借金「9」の4位と浮上のきざしが見られない現状に、チームにとって何が一番いいのか熟考しているという。

 球団は来季もチームを託したい。その思いも伝えたが、福良監督が異例の「保留」としていることが明らかになった。

 球団関係者によると、指揮官は「チームにとって、何が一番いいのかを考えている」と熟考しているという。

 球団首脳陣が将と会談の席をもったのは9月に入ってから。それまでもチーム状況について意見交換は行っていたが、今月の会談では球団側が来季の続投を要請した。

 だが、福良監督はその場では回答を控えたという。別の関係者によれば「球団の気持ちは分かる」と理解を示しつつ、今一度チームの現状を考え、どうするのがベストか考えたいようだ。

【続きを読む】

  • 先発のオリックス・松葉=ほっともっとフィールド神戸(撮影・榎本雅弘)
  • 6回、西武・栗山の打球をトンネルしてタイムリーエラーのT-岡田=ほっともっとフィールド神戸(撮影・榎本雅弘)
  • 6回、連打でピンチを招き降板するオリックス・比嘉=ほっともっと神戸
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリ・福良監督、続投要請も異例の保留「チームにとって何が一番いいのかを考えている」