2018.9.11 05:04(1/2ページ)

ラッキーゾーン復活プラン! 甲子園で金本阪神アーチ激増や

ラッキーゾーン復活プラン! 甲子園で金本阪神アーチ激増や

懐かしいラッキーゾーン。復活すれば、タイガースの野球が変わる!?

懐かしいラッキーゾーン。復活すれば、タイガースの野球が変わる!?【拡大】

 聖地に“ラッキーゾーン”が復活!? 阪神の本拠地である阪神甲子園球場に、ホームランテラスを新設するプランが浮上していることが10日、明らかになった。118メートルと深く、広い右中間と左中間。まだ議論を重ねている段階だが、もし実現すれば、高校球児の舞台でもある伝統のスタジアムは大きく様変わり。貧打に泣き続けている金本阪神の戦いも、激変するかもしれない。 

 日本一の球場から、世界一のボールパークへ。聖地をより“進化”させるべく、甲子園の将来的な大改造について、電鉄本社内で話し合いが重ねられていることが判明した。そのひとつがラッキーゾーンの復活だ。

 「さまざまなことについて、検討、検証をしていることは事実です」

 電鉄本社の幹部も認めた。甲子園は1924年の開場以降、よりよいサービスを提供できるよう調査分析を重ねてきた。2007年オフからは3期にわたって大改修を行い、今オフには大型ビジョンの工事も行われる。

 本社関係者の話を総合すると現在、アルプス席の角度を本塁側に傾けるなどの改修案とともに、議論しているのが“打者不利”の球場である点だ。両翼95メートル、中堅118メートル。両翼は東京ドームより5メートル短いが右中間と左中間は甲子園の方が8メートルほど広い(118メートル)。そこで、日本一に輝いた85年にチーム219本塁打(甲子園では109本)をもたらすなど、設置時には猛打を演出してきたラッキーゾーン(91年12月に撤去)だ。右中間と左中間の膨らみを減らす“ホームランテラス”を作り、客席を用意するというプランが浮上した。

【続きを読む】

  • ソフトバンクの本拠地・ヤフオクドームのラッキーゾーン
  • 楽天の本拠地・楽天生命パークのラッキーゾーン
  • 阪神、甲子園での打撃成績
  • セ・リーグの今季本塁打数
  • 今季セ・リーグ球場別本塁打
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. ラッキーゾーン復活プラン! 甲子園で金本阪神アーチ激増や