2018.9.11 10:01(1/2ページ)

東北学院榴ケ岡・室井主将が描く青写真!県制覇&東北大会出場&センバツ行く/東北スポーツ

東北学院榴ケ岡・室井主将が描く青写真!県制覇&東北大会出場&センバツ行く/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
初の県制覇と甲子園出場を目指す東北学院榴ケ岡・室井主将 (撮影・葉山理)

初の県制覇と甲子園出場を目指す東北学院榴ケ岡・室井主将 (撮影・葉山理)【拡大】

 第71回秋季高校野球宮城大会(15日開幕)の組み合わせ抽選会が10日、仙台市の仙台工高で行われた。上位3校が来春のセンバツにつながる、第71回秋季東北地区高校野球大会(10月12日開幕、秋田県)に出場する。北部地区予選を制した東北学院榴ケ岡は、17日の2回戦で佐沼-仙台商の勝者と対戦。県制覇と春夏通じて初めての甲子園出場を目指す。

 組み合わせが決まり、主将の室井賢生(けんせい)捕手(2年)は決意を新たにした。

 「みんなから『東北とベスト4で当たるように(くじを)引いてこい』といわれていた。引けなかったが、どこと当たってもやることは同じ」

 今夏は県3回戦で東北に1-8で七回コールド負け。煮え湯を飲まされた相手との再戦を狙ったが、地区予選の1位チーム同士は準決勝まで当たらないルール。中部地区1位の東北とは反対の山に組み込まれた。リベンジを果たすには、決勝まで勝ち進むしかない。

 甲子園経験がない東北学院榴ケ岡だが、室井率いる新チームは悲願達成の可能性を秘めている。北部地区予選では初戦の2回戦で今夏県準優勝の古川工を2-1、順位決定戦で利府を8-2で退けた。

 「利府とは1年生のときから何度も戦って、ことごとく負けてきた。大差で勝てたのは、とても自信になった」と室井。壁を乗り越え、チームは勢いに乗った。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 東北学院榴ケ岡・室井主将が描く青写真!県制覇&東北大会出場&センバツ行く/東北スポーツ