2018.9.11 05:02(1/2ページ)

侍U18、14点爆勝で3位確保!吉田の進路は国体後に/U18アジア

侍U18、14点爆勝で3位確保!吉田の進路は国体後に/U18アジア

特集:
U18アジア選手権
中国戦でベンチから応援した吉田(右)。次は福井国体に集中する (撮影・水島啓輔)

中国戦でベンチから応援した吉田(右)。次は福井国体に集中する (撮影・水島啓輔)【拡大】

 U18アジア選手権最終日(10日、サンマリン宮崎ほか)3位決定戦で高校日本代表は中国に14-1で七回コールド勝ち。来年のU18W杯(韓国)への出場権を獲得した。吉田輝星(こうせい)投手(金足農3年)は、登板がなくベンチから応援した。試合後には進路について触れ、福井国体(30日開幕)終了後に両親や金足農・中泉一豊監督らと話し合いを持つ考えを示した。なお、決勝は延長十回タイブレークの末、韓国が7-5で台湾を下し、2大会ぶり5度目の優勝を果たした。

 次世代に置き土産は残した。投打で中国を圧倒し3位確保。来年のU18W杯(韓国)への出場権を獲得した。吉田は、出番がなかったが最低限の結果に表情を緩めた。

 「周りのメンバーの意識の高さというか、全国の高校球児から選ばれた18人なので野球に対する考え方や熱意というのがすごい。自分ももっと野球に真剣に取り組みたいな、と思いました」

 精鋭18人がそろった中で、過ごした約3週間は吉田にとって刺激的な日々だった。野球への姿勢やトレーニング法、変化球の投げ方など…。甲子園を沸かせた剛腕も「僕にはできないです」と仲間の意識や技術の高さに驚いた。

【続きを読む】

  • 試合後、ナインらと笑顔で話す根来(左)と吉田=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)
  • 試合後、球場を後にする藤原恭大(中央)。左は吉田輝星=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)
  • 台湾代表・リ・チェンシュンと記念写真におさまる吉田と根尾=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)
  • 先発の板川佳矢=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)
  • 1回、投球する柿木蓮=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)
  • 1回、二盗に成功する小園海斗=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)
  • 2回、適時打を放つ日置=宮崎(撮影・水島啓輔)
  • 2回、適時打を放つ小園海斗=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)
  • 3回、安打を放つ藤原=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)
  • 4回、2点適時打を放つ根尾=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)
  • 高校野球・今後の主な日程
  • 福井国体・高校野球(硬式)の組み合わせ
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 侍U18、14点爆勝で3位確保!吉田の進路は国体後に/U18アジア