2018.9.11 05:04(1/2ページ)

中日・松坂、初言及 来季も現役「辞めていく選手の分まで投げる」

中日・松坂、初言及 来季も現役「辞めていく選手の分まで投げる」

1998年の甲子園でともに戦った松坂(左)と後藤(右)。松坂は引退する同期の思いも胸に投げ続ける

1998年の甲子園でともに戦った松坂(左)と後藤(右)。松坂は引退する同期の思いも胸に投げ続ける【拡大】

 中日・松坂大輔投手(37)が10日、ナゴヤドームでの練習後、初めて来季の現役続行を宣言した。この日、横浜高時代の同級生、DeNA・後藤武敏内野手(38)が今季限りでの現役引退を発表。「辞めていく選手の分まで頑張って投げていきたい」と世代のリーダーとして、マウンドに立ち続けることを明言した。

 横浜、巨人などで活躍した村田に続き、松坂世代の一人であるDeNA・後藤もユニホームを脱ぐことを決断した。松坂にとっては横浜高時代の1998年、甲子園で春夏連覇したときのチームメートだ。

 「他の同世代から『辞める』といわれたときとは、ちょっと違った。聞いたときは言葉が出てこなかった。電話で『最後に僕と対戦したい』と。ローテの関係で投げられるかはわからないが…。できるなら投げたい」

 親友との思い出を振り返るかのように言葉を紡いだ後、自身の去就について初めて言及した。

 「辞めていく選手の分まで頑張って、投げていきたいという気持ちはあります」

 ここまで10試合に登板して5勝4敗、防御率3・93。メスを入れた右肩を考慮して、中15日前後での登板ながらガルシア(12勝)に続き、チームでは2位タイの勝ち星を挙げている。まだできる-。現役続行宣言だ。

【続きを読む】

  • DeNA・後藤武敏と横浜高時代チームメートの中日・松坂大輔
  • 松坂大輔の年度別登板成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 中日・松坂、初言及 来季も現役「辞めていく選手の分まで投げる」