2018.9.10 16:11

【一問一答】大阪桐蔭・柿木「中国の攻撃を食い止められてよかった」/U18アジア

【一問一答】

大阪桐蔭・柿木「中国の攻撃を食い止められてよかった」/U18アジア

特集:
U18アジア選手権
4回、投球する柿木=宮崎(撮影・水島啓輔)

4回、投球する柿木=宮崎(撮影・水島啓輔)【拡大】

 U18アジア選手権(10日、日本14-1中国=七回規定によりコールド、サンマリン宮崎)日本は3位決定戦で中国を七回コールドで下し、来年に行われるU18W杯(韓国)の出場権を獲得した。日本は1-1で迎えた二回に小園海斗内野手(3年)=報徳学園=らの連続適時打で勝ち越し。その後は六回まで毎回得点でコールド勝ちを決めた。投げては一回途中からリリーフした柿木連投手(3年)=大阪桐蔭=が5回1/3を投げ、無失点と好投し、勝利を引き寄せた。以下は柿木の一問一答。

 --試合を振り返って

 「大事な試合だということはわかっていたので中国の攻撃を食い止められてよかった」

 --早いタイミングでの登板だった

 「板川もブルペンで良かったと聞いたので、出番は後半かと思ったが、自分もブルペンでしっかりアップできていたのでよかった」」

 --投球で攻撃に流れを作った

 「守備からのリズムは大事。打線が投げた後にすぐ点を取ってくれて助かった」

 --ベンチメンバーの後押し

 「ベンチでの迎えた方も良かった。声を出してくれて投げていても心強かった」

 --雨で試合まで2日空いた

 「雨が降っていても『きょう試合はあると』思いながら、準備をしっかりしていた」

 --大会を振り返って

 「いい経験ができた。後輩たちも優勝目指して頑張ってほしい」

試合結果へ代表メンバーへ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 【一問一答】大阪桐蔭・柿木「中国の攻撃を食い止められてよかった」/U18アジア