2018.9.10 16:10

【一問一答】報徳学園・小園「悔しい思いをしていたので絶対勝つという気持ちだった」/U18アジア

【一問一答】

報徳学園・小園「悔しい思いをしていたので絶対勝つという気持ちだった」/U18アジア

特集:
U18アジア選手権
1回、二盗に成功する小園海斗=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)

1回、二盗に成功する小園海斗=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)【拡大】

 U18アジア選手権(10日、日本14-1中国=七回規定によりコールド、サンマリン宮崎)日本は3位決定戦で中国を七回コールドで下し、来年に行われるU18W杯(韓国)の出場権を獲得した。日本は1-1で迎えた二回に小園海斗内野手(3年)=報徳学園=らの連続適時打で勝ち越し。その後は六回まで毎回得点でコールド勝ちを決めた。投げては一回途中からリリーフした柿木連投手(3年)=大阪桐蔭=が5回1/3を投げ、無失点と好投し、勝利を引き寄せた。以下は1番で5打席すべてで出塁の小園の一問一答。

 --試合を振り返って

 「悔しい思いをしていたのできょうは絶対勝つという気持ちでいきました」

 --5打席すべて出塁

 「先頭打者としてストライクは全部振るくらいの気持ちでいった。それが良かった」

 --セーフティーバントも見せた

 「なんとかして出塁してやろうと言う気持ちでした」

 --雨天で試合まで2日空いた

 「連敗して悔しかったが、2日あって気持ちの整理ができた」

 --後輩たちに向けて

 「優勝でききなかったが、このメンバーで楽しくできたので良かった。この経験は絶対に生かせると思うので、頑張ってほしい」

試合結果へ代表メンバーへ

  • 2回、適時打を放つ小園海斗=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 【一問一答】報徳学園・小園「悔しい思いをしていたので絶対勝つという気持ちだった」/U18アジア