2018.9.10 05:00

オリックス、2試合連続完封負け

オリックス、2試合連続完封負け

6回、笑顔を見せるオリックス・西=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)

6回、笑顔を見せるオリックス・西=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)【拡大】

 (パ・リーグ、ソフトバンク1-0オリックス、21回戦、ソフトバンク13勝8敗、9日、ヤフオクD)今季初の2試合連続完封負け。打線は好機であと1本が出ず、福良監督は「0点じゃ勝てないでしょ。スコアリングポジションでの打撃ですね、この3試合は」とあきれ顔だ。0-1の九回二死一塁の場面で中島が左前打も、一走・小田が三塁を狙って憤死。判断ミスに将は「(左翼手の)目の前の打球ですからね。暴走」と苦言を呈した。ソフトバンク戦の5年連続で負け越し決定。借金は今季ワーストタイの「8」となった。

7回1失点も今季12敗目のオリックス・西「若月がしっかりとリードしてくれたので、ピンチの場面でも攻めの投球ができたと思います。先制点をとられてしまったことは反省しなければいけません」

  • 投球するオリックス・西勇輝=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリックス、2試合連続完封負け