2018.9.9 10:01(1/2ページ)

東北学院大、白星発進!渡辺が三塁打2本3打点でキッチリ主砲のお仕事/東北スポーツ

東北学院大、白星発進!渡辺が三塁打2本3打点でキッチリ主砲のお仕事/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
七回も2本目の適時三塁打と大活躍した(撮影・井上幸治)

七回も2本目の適時三塁打と大活躍した(撮影・井上幸治)【拡大】

 仙台六大学野球第2週第1日(8日、東北福祉大)2試合を行い、東北学院大は東北工大を10-6で下し、白星発進した。4番・渡辺翔太捕手(3年)が同点、勝ち越しの2三塁打で3打点。リーグ戦初の4位に終わった春からの巻き返しを目指し、主砲が存在感を発揮した。東北福祉大は宮城教大を8-0(七回コールド)で退け、開幕3連勝を飾った。

 必死の激走で2度、三塁を陥れた。渡辺が同点、勝ち越しの2三塁打で3打点。チームを開幕戦勝利へ導いた。

 「春に2敗した相手に勝てたのはよかった。4番の仕事ができたし、(全力疾走は)気持ちよかった」

 春のリーグ戦で零封された相手エース、佐藤洸雅(3年)から、一回に中越えの同点打。3-3の七回には一死二、三塁で右中間を破った。

 「春に比べていけると思った。直球を積極的に振れた」と渡辺。夏場に死球で負傷した左手首の状態が試合直前に上向き「チャンスで力んでしまう。脱力を考えた」と微調整したフォームもピタリ。菅井徳雄監督も「佐藤洸に集中させてきた。渡辺が打ってくれてありがたかった」と4番を絶賛した。

 札幌市中央区出身。6日に発生した北海道地震では、実家は停電のみで大きな被害はなく「両親に気にしないで、と言ってもらった。きょうはいつも通りにできた」と表情を緩めた。

【続きを読む】

  • 一回、同点の三塁打を放ち三塁へ激走する東北学院大・渡辺(撮影・井上幸治)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 東北学院大、白星発進!渡辺が三塁打2本3打点でキッチリ主砲のお仕事/東北スポーツ