2018.9.9 18:00(1/5ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】福留コーチ兼任案が急浮上! 阪神電鉄本社と球団内に指導者としての資質を高評価する声

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】

福留コーチ兼任案が急浮上! 阪神電鉄本社と球団内に指導者としての資質を高評価する声

特集:
福留孝介
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
打線をけん引する福留

打線をけん引する福留【拡大】

 福留コーチ兼任案が急浮上しています。金本阪神は115試合消化時点で54勝60敗1分の借金6で3位・巨人とは1ゲーム差の4位。4日~6日の広島3連戦(マツダ)では同球場のカード2年ぶりの勝ち越しを決めました。チームを牽引しているのは41歳の福留孝介外野手。主軸打者としての活躍に加え、投打の若手にアドバイスを行うなど主将としての役割を果たしています。球団内にはチームの将来構想の一環として福留に指導者の肩書を与えよう、という意見が急浮上しているのです。

 残り30試合を切りましたね。いよいよ阪神は、2018年ペナントレースで最終の4コーナーをまわりました。最後の直線で3位以内のAクラス入りを決め、CS圏に残れるのか。広島やヤクルト、巨人の後塵を拝し、Bクラス転落で終わるのか。もはや13年ぶりのリーグ優勝は絶望的で、焦点はAクラスかBクラスか…。そこに移っています。

先週のコラムでは来季が再契約した3年契約の2年目で、監督として都合4年目を迎える金本監督がコーチ陣をほとんど残留させたい意向があることを書きました。しかし、Bクラス転落ならば本社―球団首脳はコーチ陣の刷新を求める考えで、指揮官を取り巻く来季の環境はAクラスとBクラスでは大きく異なるだろう…と予測しましたね。

 チーム成績がからみ、流動化するコーチ人事の行く末とは別次元で阪神電鉄本社ー球団内に急浮上している名前があります。それが福留孝介外野手(41)の名前です。

【続きを読む】

  • 阪神電鉄本社―球団内で福留の名が急浮上している
  • 2016年8月31日の中日戦でベースカバーを怠った藤浪(中央)を注意する福留
  • 6日の広島戦で本塁打を放った福留を出迎える金本監督
  • 打撃練習をする福留。41歳が選手たちの手本となっている
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】福留コーチ兼任案が急浮上! 阪神電鉄本社と球団内に指導者としての資質を高評価する声