2018.9.9 05:03(1/2ページ)

マー君11勝!まさに「タナカ・タイム」圧巻8回無四球0封10K

マー君11勝!まさに「タナカ・タイム」圧巻8回無四球0封10K

特集:
田中将大
田中が11勝目。8回零封と相手を圧倒するさまは、まさに「タナカ・タイム」 (AP)

田中が11勝目。8回零封と相手を圧倒するさまは、まさに「タナカ・タイム」 (AP)【拡大】

 マリナーズ0-4ヤンキース(7日=日本時間8日、シアトル)米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手(29)は、マリナーズ戦に先発して8回を3安打無失点、10奪三振、無四球と好投し11勝目を挙げた。チームは4-0で勝ち、ア・リーグのワイルドカード争いでトップを守った。ホワイトソックス戦に先発出場したエンゼルスの大谷翔平投手(24)は、右肘靱帯(じんたい)に新たな損傷が見つかってから初めて口を開いた。

 敵地が極上の「タナカ・タイム」と化した。田中は八回まで今季最多10三振を奪い、本塁を踏ませなかった。「試合が進むにつれて、いい集中力で球をコントロールできていた」と胸を張った。

 唯一のピンチは4-0の六回。初めて得点圏に走者を背負ったが、ゴードン、ハニガーを連続三振に仕留めた。二死一、三塁からはカノに内角へ食い込む絶妙のスライダーを振らせ、グラブと右手をぶつける会心のガッツポーズ。「点を与えずに切り抜けられたということは、すごく大きかった」と振り返った。

 スタットキャスト(レーダーなどを使用した大リーグのデータ解析システム)によると、直球系が8月後半の2倍近く、全102球のうち41球を占めた。

【続きを読む】

  • マリナーズ戦に先発し、8回を無失点で11勝目を挙げたヤンキース・田中=シアトル(共同)
  • マリナーズ戦に先発したヤンキース・田中=シアトル(共同)
  • マリナーズ戦に先発したヤンキース・田中=シアトル(共同)
  • マリナーズ戦の6回を投げ終え、チームメートとタッチを交わすヤンキース・田中=シアトル(共同)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. マー君11勝!まさに「タナカ・タイム」圧巻8回無四球0封10K