2018.9.9 08:00

【エモやんの舌好調】遅ればせながら役者がそろった巨人

【エモやんの舌好調】

遅ればせながら役者がそろった巨人

 (セ・リーグ、阪神2-7巨人、22回戦、巨人14勝8敗、8日、甲子園)巨人は8日、阪神22回戦(甲子園)4位・阪神に1ゲーム差に詰め寄られて迎えた、甲子園での2連戦。もし2つ落とせば、クライマックスシリーズ進出はジ・エンド…。それくらい切羽詰まった試合だったことを、巨人は分かっていたのかな。

 先発はたまたま菅野の順番で、幸いだった。投球もさることながら、打撃でも菅野が呼び水になってくれただけに、まさにサマサマだよね。

 五回一死から、一、二塁間を破る安打で出塁。すると続く坂本勇が、岡本が、ゲレーロが、菅野を見習うかのように、真っすぐを中堅から右へ運び、2ラン3発だもの。小野の球が荒れ気味で、無理に引っ張らず、外角球を素直に打ち返せばいいと割り切っていたよ。

 エースが上り調子の阪神打線を抑え、30号に乗せた岡本をはじめ、ホームランが欲しい人に、ことごとく一発が出た。役者がそろい、投打がかみあった。最後の山口俊は余分だったけど、七回までは、待ち望んでいた形だよ。

 シーズン当初から、この状態なら、広島にも勝てた? 遅ればせながら、“たら、れば”を口にしたくなるほど。せめて今後、これをキープすることよ。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 【エモやんの舌好調】遅ればせながら役者がそろった巨人