2018.9.8 12:20

【試合結果】大谷翔平、3試合連続19号勝ち越し3ラン 城島超えメジャー1年目最多本塁打記録更新

【試合結果】

大谷翔平、3試合連続19号勝ち越し3ラン 城島超えメジャー1年目最多本塁打記録更新

特集:
大谷翔平
ホワイトソックス戦の3回、右中間に3試合連続本塁打となる19号3ランを放つエンゼルス・大谷=シカゴ(共同)

ホワイトソックス戦の3回、右中間に3試合連続本塁打となる19号3ランを放つエンゼルス・大谷=シカゴ(共同)【拡大】

 ホワイトソックス-エンゼルス(7日、シカゴ)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(24)はホワイトソックス戦に「5番・DH」で出場し、先発左腕のロドンから3試合連続本塁打となる19号勝ち越し3ランを放ち、城島健司(2006年、マリナーズ)に並んでいた日本選手のメジャー1年目の本塁打記録を更新した。左投手からの本塁打は、今季2本目となった。この日は、4打数1安打3打点1四球で、打率は・287となった。チームは5-2で、ホ軍を下し2連勝とした。 

 打者・大谷の勢いはこの日も止まらなかった。同点に追いついた直後の三回一死一、二塁の場面で、カウント2-0から先発左腕・ロドンの3球目、94マイル(151キロ)の速球を捉えると、飛球はぐんぐんと伸びて、センター右横のフェンスに飛びこむ3試合連続本塁打となる19号勝ち越し3ランとなった。MLBスタッツキャストによると、力強くたたいた19号弾の飛距離は、412フィート(約126メートル)で、打球の初速度は105.6マイル(170キロ)。ダイヤモンドを回った大谷は、ホームで待ち構えたトラウトと握手を交わし、笑みを浮かべた。

 二回無死一塁の第1打席は、三ゴロに倒れた。五回先頭の第3打席は、カウント3-1から四球を選んで出塁した。第4打席は、七回先頭で3番手左腕・バマーと対戦。カウント2-2からの変化球に空振り三振に倒れた。九回先頭の第5打席は、右腕ゴメスのカウント2-2から外角のスライダーに見逃し三振に倒れた。

 ホ軍が、二回ガルシアの16号ソロで先制した。エ軍は三回アップトンの中犠飛で同点に追いつくと、大谷の3ランで4-1と勝ち越した。ホ軍は、四回にナルバエスの適時打で2-4とした。エ軍は七回にシモンズの11号ソロで5-2とリードを広げ、そのまま試合を決めた。

 大谷はこの日の試合前、5日(日本時間6日)に右肘靱帯に新たな損傷が判明し、医師からは靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を勧められているとチームが発表して以来、初めて取材に応じた。「いくつかある選択肢の中で今すぐに(手術)ということはないので、このままシーズンをしっかり最後まで自分らしくプレーしたい」と話し、シーズン終了まで打者として出場し続けることを明かした。

試合結果へ大谷の打撃成績へ

  • ホワイトソックス戦の3回、3試合連続本塁打となる19号3ランを放つエンゼルス・大谷=シカゴ(共同)
  • ホワイトソックス戦の3回、右中間に3試合連続本塁打となる19号3ランを放つエンゼルス・大谷=シカゴ(共同)
  • ホワイトソックス戦の3回、右中間に3試合連続本塁打となる19号3ランを放つ米大リーグ、エンゼルス・大谷=シカゴ(共同)
  • ホワイトソックス戦の3回、3試合連続本塁打となる19号3ランを放ち、打球を見ながら一塁へ向かうエンゼルス・大谷=シカゴ(共同)
  • ホワイトソックス戦の3回、3試合連続本塁打となる19号3ランを放ちソーシア監督(左)とタッチするエンゼルス・大谷=シカゴ(共同)
  • ホワイトソックス戦の3回、19号3ランを放ち、チームメートと抱き合うエンゼルス・大谷=シカゴ(共同)
  • ホワイトソックス戦の3回、19号3ランを放ち、トラウト(右)らの出迎えを受けるエンゼルス・大谷(17)=シカゴ(共同)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 【試合結果】大谷翔平、3試合連続19号勝ち越し3ラン 城島超えメジャー1年目最多本塁打記録更新