2018.9.8 05:04(2/2ページ)

吉田、夢散…U18侍が台湾に2安打完敗し連覇ならず/U18アジア

吉田、夢散…U18侍が台湾に2安打完敗し連覇ならず/U18アジア

特集:
U18アジア選手権
四回に失点を喫し、マウンド上で浮かない表情の吉田。日本は4大会ぶりの決勝進出を逃した(撮影・水島啓輔)

四回に失点を喫し、マウンド上で浮かない表情の吉田。日本は4大会ぶりの決勝進出を逃した(撮影・水島啓輔)【拡大】

 アジア選手権では4大会ぶりの準決勝敗退。自国開催では初めて優勝を逃した。だが、日本にはまだ中国との2試合が残されている。3位までに与えられる来年のU18W杯(韓国)の出場権獲得に向けて、右腕は「(残り試合で)自分たちの野球をしたい」と必勝を誓った。次代の後輩ためにも、必ず置き土産を残す。(山下幸志朗)

3番に入り4打数無安打に終わった根尾(大阪桐蔭)「甘い球を仕留めきれなかった。柿木や吉田をもっともり立てることができた」

四回に犠飛で唯一の打点を挙げた主将の中川(大阪桐蔭)「負けていたので、何とかして1点を取ろうと打席に入った。決勝はなくなったが3位を死守する」

プロ注目の遊撃手も今大会4失策の小園(報徳学園)「自分では(いいタイミングで捕球に)入れていると思っても抜ける。バウンドが合っていない」

決勝進出を逃した永田監督「最後までチャンスがつくれなかった。打線が全く機能しなかった。(2番手で登板した)吉田は本来の調子ではなかったが、よく踏ん張ってくれた」

試合結果へ試合日程へ代表メンバーへ

  • まさかの敗戦。決勝進出を逃し、高校日本代表はうつむいた(撮影・水島啓輔)
  • 4回、投球する吉田輝星=宮崎(撮影・水島啓輔)
  • 4回、適時打を浴びた吉田輝星=宮崎(撮影・水島啓輔)
  • 4回、マウンドの吉田輝星(中央)に駆け寄る小泉航平(左)と永田裕治監督=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)
  • 8回を投げ終えベンチに戻った吉田輝星=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)
  • 4回、セーフティーバントを決める小園海斗=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)
  • 4回、二塁打を放つ野尻幸輝=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)
  • 4回、中川卓也の犠飛で生還した根尾昂=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)
  • 4回、犠飛を放つ中川卓也=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)
  • 先発の柿木蓮=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)
  • 1回、内野ゴロに倒れ根尾昂(右)と話す藤原恭大=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)
  • 4回、内野ゴロに打ち取れ悔しい表情の根尾昂=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 吉田、夢散…U18侍が台湾に2安打完敗し連覇ならず/U18アジア