2018.9.8 05:02

巨人・阿部塾再び!沢村にテンポアップのススメ

巨人・阿部塾再び!沢村にテンポアップのススメ

阿部が(左)が沢村に金言を伝授。重要なセットアッパーの復調はなるか? (撮影・村本聡)

阿部が(左)が沢村に金言を伝授。重要なセットアッパーの復調はなるか? (撮影・村本聡)【拡大】

 セ・リーグ3位の巨人は7日、甲子園で全体練習を行い、4位・阪神との2連戦に向けて調整。阿部慎之助内野手(39)が、沢村拓一投手(30)に“テンポアップ投法”のススメを説いた。

 「セット(ポジション)が長いから。考えていても駄目。『早く投げろ』って言ったよ」

 中大の先輩が悩める右腕に、金言を授けた。沢村は今季、49試合で1勝6敗、防御率4・64と苦しんでいる。元正捕手のベテランはマウンド上で考えすぎないようにテンポアップすることを進言。チーム内には一球一球の投球間隔が短い上原など“教材”も多く、必ずプラスになるはずだ。

 2年前の2016年9月にも、甲子園で“阿部塾”が開かれていた。当時は阿部が、「『親の敵投法に』なっている」と上原(当時レッドソックス)を参考にフォークボールの握りを伝授した。今回はテンポアップに加え、相手打者が嫌がるような攻め方などについても助言を送ったという。

 「自分の持っていない感覚をアドバイスしてもらった。現状を打破するためにはやらなくちゃいけない。必ずものにします」と沢村も決意した。クライマックスシリーズ(CS)進出に向けても、阪神2連戦は落とせない。試合を勝ちきるため、沢村の復調は絶対不可欠となる。 (赤尾裕希)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人・阿部塾再び!沢村にテンポアップのススメ