2018.9.7 05:02

早大・小宮山次期監督が就任会見「教育者としてひげ、そるよ」/東京六大学

早大・小宮山次期監督が就任会見「教育者としてひげ、そるよ」/東京六大学

就任会見に臨んだ小宮山氏。母校・早大野球部の再建に力を注ぐ (撮影・荒木孝雄)

就任会見に臨んだ小宮山氏。母校・早大野球部の再建に力を注ぐ (撮影・荒木孝雄)【拡大】

 東京六大学野球の早大の次期監督に決まった小宮山悟氏(52)が6日、東京・新宿区の同大で記者会見し、「受け継がれてきた一球入魂の精神を守り、早稲田で4年間やってよかったという選手を輩出していけるようにしたい」と抱負を語った。任期は来年1月1日から4年間の予定。

 スクールカラーのエンジを基調としたネクタイを締めた小宮山氏は「正式に(監督の)打診があったのは初めて。青天の霹靂(へきれき)。まだ準備不足だと思う」と慎重に言葉を選んだ。高橋広監督(63)が指揮する秋季リーグ戦が8日に開幕する目前とあり、新チームになるまで構想などは明示しない方針だ。2浪して入学した早大でエース兼主将、プロ野球で通算117勝、さらにメジャーリーグも経験。プロでの指導歴はないが「ある程度のレベルでプレーしていた自負がある」と話した。

 「プロとアマチュアは違う。アマチュアの指導者は、技術的に伸びればいい、だけではなく、教育者でなければいけない」と持論を述べた小宮山氏。体育教員の資格を持ち、早大大学院でも学んでおり、会見後には「ひげ、そるよ。教育者でないと」と、新たな顔で指導者として臨む意志も示した。 (赤堀宏幸)

小宮山 悟(こみやま・さとる)

 1965(昭和40)年9月15日生まれ、52歳。千葉県出身。芝浦工大柏高から早大を経て90年ドラフト1位でロッテ入団。99年オフに横浜(現DeNA)移籍。2002年にFAで米大リーグのメッツに入団も、25試合0勝3敗、防御率5.61で1年で退団。03年は所属球団がなかったが、04年にロッテに復帰して09年で現役引退。日本通算18年で455試合117勝141敗4セーブ、防御率3.71。日米通算19年プレー。11-14年に早大野球部コーチ。

  • 早稲田大学野球部次期監督への就任会見を行った小宮山悟氏=新宿区の早稲田大学(撮影・荒木孝雄)
  • 早稲田大学野球部次期監督への就任会見を行った小宮山悟氏=新宿区の早稲田大学(撮影・荒木孝雄)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 早大・小宮山次期監督が就任会見「教育者としてひげ、そるよ」/東京六大学