2018.9.7 22:34

西武・浅村が勝ち越し打「チャンスで打てて良かった」

西武・浅村が勝ち越し打「チャンスで打てて良かった」

7回、勝ち越しの適時打を放つ西武・浅村=メットライフドーム(撮影・田村亮介)

7回、勝ち越しの適時打を放つ西武・浅村=メットライフドーム(撮影・田村亮介)【拡大】

 (パ・リーグ、西武10-4ロッテ、20回戦、西武13勝7敗、7日、メットライフ)西武の浅村が主将としての働きを見せた。4-4の七回二死二塁で松永の直球を左前にはじき返し、勝ち越し点をもたらした。「二塁走者が金子(侑)で足が速いから、ヒットでいいと思った。チャンスで打てて良かった」と息をついた。

 2位ソフトバンクが敗れ、ゲーム差は5に広がった。10年ぶりのリーグ優勝へ「自分たちがいつも通りの野球をやっていれば大丈夫だと思う」と頼もしく話した。

辻監督(16安打10得点に)「六回は迷ってメヒアを代打で出したけど、あれで追い付いたのが大きかった」

栗山(二回に6号ソロ)「よく飛んでくれたし、よく入ってくれた」

試合結果へ

  • ナインを出迎える西武・菊池=メットライフドーム(撮影・田村亮介)
  • 1回、投手強襲安打を放つ西武・浅村=メットライフドーム(撮影・田村亮介)
  • 先発の西武・菊池=メットライフドーム(撮影・田村亮介)
  • 2回西武2死、栗山が右中間に本塁打を放つ=メットライフドーム
  • 2回、同点ソロを放つ西武・栗山=メットライフドーム(撮影・田村亮介)
  • 3回、守備を終えベンチに戻る西武・菊池=メットライフドーム(撮影・田村亮介)
  • 3回、チャンスに空振り三振の西武・山川=メットライフドーム(撮影・田村亮介)
  • 6回、代打で同点の2点打を放つ西武・メヒア=メットライフドーム(撮影・田村亮介)
  • 6回、適時打を放つ西武・山川=メットライフドーム(撮影・田村亮介)
  • 8回、盗塁を決める西武・金子侑=メットライフドーム(撮影・田村亮介)
  • 8回適時打を放つ西武・金子侑=メットライフドーム(撮影・田村亮介)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武・浅村が勝ち越し打「チャンスで打てて良かった」