2018.9.7 21:52

日本、打線てこ入れも不発…永田監督「韓国の投手よりは打ちやすいと踏んでいたけど…」/U18アジア

日本、打線てこ入れも不発…永田監督「韓国の投手よりは打ちやすいと踏んでいたけど…」/U18アジア

特集:
U18アジア選手権
試合後、取材に応じる永田裕治監督=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)

試合後、取材に応じる永田裕治監督=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)【拡大】

 U18アジア選手権(7日、台湾3-1日本、サンマリン宮崎)日本は2試合続けて1得点に終わった。今大会の打率が高い選手を上位から並べる極端な打線の組み替えをしたが、効果はなかった。1番に入って4打数無安打の藤原は「打たないと勝てない。単純に打者の力不足」と肩を落とした。

 安打は小園のセーフティーバントと、野尻の打球が中堅手と右翼手のお見合いで二塁打となった2本だけ。五回以降は1人の走者も出せず、相手投手に完投を許した。永田監督は「韓国の投手よりは打ちやすいと踏んでいたけど…」と思惑が大きく外れ渋面だった。

試合結果へ試合日程へ代表メンバーへ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 日本、打線てこ入れも不発…永田監督「韓国の投手よりは打ちやすいと踏んでいたけど…」/U18アジア