2018.9.7 16:30

日本は韓国との再戦を熱望?「ショックはかなり大きい」/U18アジア

日本は韓国との再戦を熱望?「ショックはかなり大きい」/U18アジア

特集:
U18アジア選手権
先発した韓国代表のキム・キフン=KIRISIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)

先発した韓国代表のキム・キフン=KIRISIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)【拡大】

 U18アジア選手権(5日、日本1-3韓国、サンマリン宮崎)1次リーグ(L)3試合が行われ、A組の日本は韓国に1-3で敗れた。今大会初登板した吉田輝星投手(金足農3年)は95球を投げ、6回2安打3失点で5奪三振。一回に4番キム・デハンに左越え3ランを浴びるなど、悔しいマウンドとなった。チームは1次L2勝1敗でA組を2位通過。7日からは日本、韓国、台湾、中国による2次Lが行われ、日本は9日の決勝を目指す。

 韓国紙の中央日報電子版は7日、「日本U-18(18歳以下)野球代表が韓国に敗れて大きな衝撃を受けた。決勝での再戦を望んでいる」と伝えた。「日本では高校野球の人気が高い。登録されたチームは4000を超える」と前置きした上で、「一方、2018年大韓野球ソフトボール協会に登録されている韓国の高校チームは77。インフラと登録チームの差が大きい」と強調した。

 「韓国に敗れたことで選手やコーチングスタッフのショックはかなり大きい」と日本代表の心理状態を分析し、「歴代の優勝チームと現在の戦力を考慮すると、韓国と日本は決勝でまた対戦する可能性が高い」と両国の再戦を予想した。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 日本は韓国との再戦を熱望?「ショックはかなり大きい」/U18アジア