2018.9.6 19:07

【就任会見一問一答】小宮山氏「話をいただけるだけで奇跡みたいなもの」

【就任会見一問一答】

小宮山氏「話をいただけるだけで奇跡みたいなもの」

早稲田大学野球部次期監督への就任会見を行った小宮山悟氏=新宿区の早稲田大学(撮影・荒木孝雄)

早稲田大学野球部次期監督への就任会見を行った小宮山悟氏=新宿区の早稲田大学(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 プロ野球ロッテや米大リーグのメッツなどで投手として活躍し、東京六大学リーグの早大の次期監督に決まった小宮山悟氏(52)が6日、東京都内の同大で記者会見し「引き受ける理由の一番は恩返し。一球入魂という思いを強く持てるか」と母校での指揮に抱負を語った。

 来年1月に早大野球部監督に就任する小宮山氏は、えんじと黒の母校のネクタイを締め、意気込みを語った。

 --早大のユニホームへの特別な思いは

 「話をいただけるだけで奇跡みたいなもの。断る理由はない。身の引き締まる思い」

 --厳しいシーズンが続いている

 「勝敗に一喜一憂するのは大事だが、それより学生が4年間、早大で野球をしたことで胸を張って社会に出ていけるようバックアップしたい」

 --2連覇中の慶大の大久保監督も元プロ

 「ちょっと塾(慶大)が強いから、何とか一泡吹かせてやろう、と学生にハッパを掛けたい」

 --今秋のリーグ開幕直前に発表の理由

 「シーズン中に漏れたダメージを考えた。学生にとって何が一番いいかを考えた」

 --理想の指導者像

 「何もせずに選手が育つことが理想。プロとアマの指導は別物。アマは教育者でないと」

 --指導者と組織の問題が問われる事態が続く

 「幸いにもいろいろなものを学んできた。周知徹底すれば問題ない」

  • 早稲田大学野球部次期監督への就任会見を行った小宮山悟氏=新宿区の早稲田大学(撮影・荒木孝雄)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 【就任会見一問一答】小宮山氏「話をいただけるだけで奇跡みたいなもの」