2018.9.6 11:30(1/2ページ)

【乾坤一筆】幼児にボールと触れる機会を!野球の競技人口増加へ対策は早めに

【乾坤一筆】

幼児にボールと触れる機会を!野球の競技人口増加へ対策は早めに

特集:
ベテラン記者コラム・乾坤一筆

 1大会の通算入場者が100万人を突破した甲子園人気とは裏腹に、野球の競技人口は減少していると聞く。

 プロや大学、高校などで数多く野球教室を開催しているが、既に野球を始めている子供たちを上達させるものだ。ゴルフのトーナメント会場で、柔らかく当たってもけがをしにくいボールやクラブを使う「スナッグゴルフ」を幼児ができるようにしている日本女子プロゴルフ協会などと比較すると、野球界全体が「手始め」への対策が遅れているように思う。

 プロの球場に、プラスチックのボールやバットを初めて握ることができる施設やコーナーが設けられることはめったにないし、幼児の来場時に柔らかなボールを手渡す光景は見たことがない。

 野球チームに入る前にプラスチックのバットを振り、ボールに当たったときの喜びを球場のどこかで感じることはできないのだろうか?

 そもそも戦後の日本で野球が広がっていったのは、軟式テニスのボールなどを使って空き地で手軽にできる三角ベースなどがきっかけだろう。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 【乾坤一筆】幼児にボールと触れる機会を!野球の競技人口増加へ対策は早めに