2018.9.6 12:35

【試合結果】大谷翔平大暴れ、17号&18号連発含む4安打1盗塁の活躍 メジャー1年目城島の本塁打最多記録に並ぶ

【試合結果】

大谷翔平大暴れ、17号&18号連発含む4安打1盗塁の活躍 メジャー1年目城島の本塁打最多記録に並ぶ

特集:
大谷翔平
レンジャーズ戦の8回、右越えに18号2ランを放つエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)

レンジャーズ戦の8回、右越えに18号2ランを放つエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)【拡大】

 レンジャーズ3-9エンゼルス(5日、アーリントン)右肘靱帯に新たな損傷が見つかった米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(24)はレンジャーズ戦に「3番・DH」で出場し、2本の本塁打を含む4打数4安打3打点1四球の活躍で、全打席で出塁。打率は・287となり、今季7個目の盗塁も決めた。五回先頭の第3打席で、2番手右腕・ビベンズダークスから、2試合連続本塁打となる右越え17号ソロを放って1年目の本塁打数で2003年のヤンキース・松井秀喜の16本を超えた。さらに八回の第5打席でも、4番手の右腕バトラーからこの日2本目の本塁打となる右越え18号2ランを放ち、2006年に城島健司(マリナーズ)が記録した日本選手のメジャー1年目の本塁打記録18本に並んだ。大谷の活躍などで、チームは9-3でレ軍に大勝した。

 試合前に走った衝撃のニュースを自らのバットで打ち消した。5点リードで迎えた五回先頭での第3打席。代わった2番手右腕ビベンズダークスの初球、外角への速球を力強く振り切ると、高々と上がった白球は右翼スタンド前段へ飛び込んだ。ベンチへ戻った大谷は、チームメイトからの祝福に笑顔で応えた。

 さらに、大谷の勢いは止まらない。八回の一死一塁での第5打席。5番手右腕バトラーに対し、カウント3-1から5球目の甘いコースへに来たチェンジアップを捉えると、高々と舞い上がった飛球は再び右翼席前方に吸い込まれる18号2ランとなった。

 三回一死での第2打席では、先発した45歳のベテラン右腕・コロンから、俊足を生かして三塁内野安打で出塁し、後続のシモンズの10号2ランで生還した。さらに七回先頭での第4打席でも、左腕ペルハムから痛烈な中前打を放った。後続のシモンズの打席で今季7個目の二盗を成功させると、相手の悪送球を誘い一気に三塁へ進み、その後の安打で7点目のホームを踏んだ。一回無死二塁からの第1打席も、四球を選んで出塁した。

 エ軍は一回、フレッチャーの適時二塁打などで2点を先制。三回にシモンズの2ランで4-0とし、四回にも1点を加えた。さらに大谷の2本の本塁打などで、レ軍を突き放し、試合を決めた。

 エンゼルスは5日(日本時間6日)、MRI(=磁気共鳴画像装置)検査の結果、大谷の右肘靱帯に新たな損傷が判明し、医師からは靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を勧められていると発表した。

試合結果へ大谷の打撃成績へ

  • レンジャーズ戦の8回、右越えに18号2ランを放つエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
  • レンジャーズ戦の8回、右越えに18号2ランを放つエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
  • レンジャーズ戦の8回、18号2ランを放ち、本塁へ向かうエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
  • レンジャーズ戦の8回、18号2ランを放ち、ベンチで祝福を受けるエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
  • レンジャーズ戦の5回、右越えに17号本塁打を放つエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
  • レンジャーズ戦の5回、右越えに17号本塁打を放つエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
  • レンジャーズ戦の7回、中前打を放つエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
  • レンジャーズ戦の5回、右越えに17号本塁打を放つエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
  • レンジャーズ戦の7回、中前打で出塁後、二盗に成功するエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
  • レンジャーズ戦の3回、投手強襲安打を放つエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
  • レンジャーズ戦の1回、味方打線の先制を喜ぶエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
  • レンジャーズとの試合前にベンチで明るい表情を見せるエンゼルス・大谷(中央)=アーリントン(共同)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 【試合結果】大谷翔平大暴れ、17号&18号連発含む4安打1盗塁の活躍 メジャー1年目城島の本塁打最多記録に並ぶ